2016年4月16日土曜日

改めて、魚影調査

 先週も訪問したけど、先行者がいて入れなかった本流、改めて魚影調査に行きました。
 昨年秋の壊滅的な状態から、回復しているか。自分にとってはすごく貴重で大事な川だけに、気になります。

立派なコブシの木が出迎えてくれます。写真は同行のOさんのを拝借。

本流といっても、平水の水量でこんなもん。

 川は一週前よりも水量が落ち着いて、イワナ釣りにはよさそうな感じ。
 だけどのっけからサカナの反応はなし。
 肝心の滝上区間にはいっても、一向に魚影は見られず、昼すぎまで無反応のまま淡々と釣りあがり。

いつもならライズがみられるポイントもサカナッけ無し。

いたるところの岩の”点々”が気になる日でした。
よく調べたら藻がつきはじめてる状態?のよう。
 一度表れた岩が、また藻に覆われる過渡期かな?

 昼飯食ってリフレッシュ、、といっても午後に期待できる雰囲気のカケラもない午前の釣り。
 そんな悪い流れを、Oさんが一尾釣って払拭してくれました!
 流れにのって、自分も久々にこの川のイワナとご対面。

昨年秋は一尾も見れなかったから、すごく久々。

 その後も、丁寧に釣りあがってたまに反応がある感じで数尾キャッチ。
 さらに上流はそれなりの魚影。
 これは・・下流区間のサカナだけ、乱獲にあったかな・・というのが今回の調査での考察。

 貴重な野生イワナの川、なんでここまでやってしまうんだろう・・というやり場のない怒りを感じつつ、上流域に棲むイワナに川の復活の希望を感じました。
 1年や2年でもとどおり、、とはならない状況に見えるけど、気長に見守っていきたいと思います。

2016年4月9日土曜日

逃げ場

昨年秋の大雨後に釣りに行って、川底の岩盤の色が変わってしまったことや、魚影がまったくなくなったことで衝撃を受けた川に、義務感をもって再訪。
 この時期だからとちょっとゆっくり出かけたら、クルマ止めに先行者のクルマ2台!
 

 本流の魚影調査はまた今度にして、初めての訪問となる沢を案内してもらいました。
 それほど長い区間ではないけれど、サカナはしっかりいて、楽しめる流れでした。
 稀だけど、本流に先行者がいるときの逃げ場にはいい感じ。



沢への道は、草木が茂ってくるとわからなくなりそう。

そこそこの水量

浅い流れだけどサカナはいる!

この日も効いてるのかわからない花粉対策。
息苦しくないくらいだから、思い切り花粉吸ってるんだろうな。。

きれいなヤマメが育ってるなあ。

2016年3月5日土曜日

2016 解禁間近

 2016解禁時期を迎えました。
 今年は4月頃にゆっくり解禁しようかなあ、、と思っていたけど、思いがけず3/6(日)は気温が上がる模様。
 行こうかなあ。。でも川の状況は厳しいらしいし。。

 気温の上昇とともに花粉も気になる~。
 今気になってる釣りグッズは、日焼け止め用のマスク。SIMMSでは「SUNGAITER」という商品名で売っていて、ソルトフィッシングから流行りだしたものっぽいけど、最近ではさほど珍しい感じも受けなくなってきました。
 これ、どうみても花粉をある程度遮ってくれそう。
 特に自分は顔に付着する花粉に皮膚も反応して赤くなってしまうので、いいんじゃないかな。

http://www.simmsfishing.com/sungaiter-2.html

 そうそうに入手したいなあ。

 それにしても、明日釣りにいくかどうか、、。(^_^)

2015年11月2日月曜日

鬼首C&R

 鬼首C&Rにすごく久々に行ってきました。
 天気もよくて暖かく、サカナもときおり反応してくれるので、楽しめました。
 午後は風が強くなったなあ・・と思ってたら、最後は大雨に降られてしまったけど。 ^_^

ちょっと寒々しい 

フラットなポイントはさすがに厳しいですね 

流れのなかでタイミングよく単発のライズ発見

釣れてよかった!

2015年10月13日火曜日

MVP

 RWC2015、日本代表はアメリカにも勝って3勝1敗で大会を去りました。
 今の代表メンバーが見れるのはこれが最後になるのが惜しいような寂しいような気持ちですが、2019年のRWC日本開催に向けて、さらに強くなっていくことを願って応援したいと思います。

 自分のなかでの日本代表MVPは、断然!立川理道選手です。
 パワフルな海外チームのセンター陣を相手に、自らも相当なダメージを受けながらハードタックルを見舞い、相手のライン攻撃を完封してくれました。

 今大会では、より際立って良かったのが、アタック。
 失敗を恐れずに繰り返しぶち当たっては確実にゲインしていく姿は、遂に信念を持つに至ったかのような、なにかひとつ上でプレーしているような感じを受けました。

 女性受けは五郎丸だろうけど、ハルも愛嬌のあるいい笑顔してますよ。
 今後の日本代表でも中軸を担ってほしいと思える、素晴らしい活躍でした!