2002年2月4日月曜日

 今日、「杖」を買いました。杖といっても金属製で、内部にはショックを和らげるためのスプリングなどが施された現代風の道具です。また、使わないときは、全長50cm程度まで縮めることができます。。

 シーズン前のイメージトレーニングが過ぎた!?のか、近頃非常に源流志向に傾きつつあります。釣り場まで1時間や2時間歩いてもいいから、今までよりも一層自然の奥地に入り込んで遊びたい!という気持ちなのです。
 今までは、釣りに行くときも非常に軽装で、フィッシングベストに入る道具以外は持ち歩きませんでした。今年は時にはリュックサックなども携行して、奥地に入り込みたいなと。。

 まあそんなわけで、山登りの装備にも目がいったわけです。実は以前から「杖」は買おうかどうか迷っていたんです。川を渡るときなどに、深さを計るのに助かりそうだし、ちょっとした段差などもジャンプするよりは負担が少なそうだし。。
 早速青葉山の散策路を杖をもって歩いてきましたが、調子いいです。常に手すりに掴まって歩ける感覚です。
  あとは使わないときに背中に固定できるように、なにか工夫が必要かな・・などと。