2004年12月15日水曜日

NZ 20041215 探釣

 今日はロトルアから湖までくる道沿いを流れる、流程の流そうなHopuruahine Streamをメインにしよう。。とりあえずその前に、昨日良かったMoaku Streamで何尾か釣ってから・・(^_^) などと甘い考えで9時頃Mokauに。
 相変わらずサカナは居るけど釣れない!昨日引き返した場所のすぐ先にプール。なんとこのプールには10尾・・20尾以上?もの魚影!そうとは知らずに不用意に岩の上にあがってしまったもんだから何十回流しても一尾もかからない。ラインが着水するたびに魚群がザワつくぐらいですから。でもこんなプールがあるくらいならイブニングに来ればドライで釣れるかも・・なんて思いつつMokauから撤退。
 メインのHopuruahineへ!と勇んで向かうと、最下流の入渓点にはおばちゃんがひとり・・。まさか釣り人じゃないだろうと思って構わずクルマを止めると、そのおばちゃんの後からロッドを持った男が現れ、おばちゃんに先導されて川に降りていきました。。あのおばちゃんがガイドなんてことはないと思うけども。。

 寸でのところで先を越されてしまった為、さらにクルマを走らせて他の入渓点を探すと、、すぐ近くに別の川らしいですが橋から降りれそうな場所を発見。地図で確認するとWaiotukupuna Streamと書いてあり、昨夜は見逃してたけど流程も結構ある。まあダメモトで入ってみよう・・と川に降りると、暫くは流れを覆い尽くすようなボサ。川幅も3mくらい。やっぱり止めようかな~と思ってたらサカナが走った!その瞬間スイッチが入り、この先で川が開ける・・という薄い望みに期待して歩きました。まああまり酷ければすぐ引き返せばいいんだし。
 15分ほど歩くと・・なんと本当に開けた!水量は少ないけれども、川幅もでていい感じ!

もっと開けて広い河原があるような場所もありました。

開けて最初のプール。サカナは見えてないけどキャスト・・ヒット!でもかかりが浅かったかバラシ。これでもうやる気十分。この川を行けるところまで行ってやろうという気持ちです。次のプールでファーストフィッシュ。間もなく2尾目もかけ、絶好調。
 次に発見したサカナは岩の向こう側で背中がやけにグリーンに見える魚体。様子を窺っていると何か食ってるような動作、こちらには全然気がついてない様子。キャスト・・相変わらず少しズレたけど食った!ファイト中、翻る魚体の背中はグリーン、腹は黄色・・というか黄金色。変わったサカナだからなんとかキャッチして写真に収めたい!かなり粘られた後になんとかランディング。フ~ッ、、それにしても変わった色。。。ん?この二重丸のような斑点は・・もしやブラウン!?
 ・・初のブラウントラウトをキャッチ、しかもサイズは58cmでこの日、というか過去最大!でした。

背中が緑で、てっきりレインボーと思い込んでました。。

完全にペースを掴み、サカナも見つけられるし、釣れるしで気持ちいい!
 この川、規模は小さくて渓相はY川上流域という感じ。石が茶緑っぽい色なのであまり感じませんが、流域には民家などないので水はもちろんクリア。しかもサカナがすれてなくて、先にサカナを見つけさえすれば難なく釣れる!フライもビーズヘッドニンフ#12にトレーラーで#16のニンフを結んでおくと、ビーズヘッドのほうにばかりかかる!(^_^) なんで途中からはビーズヘッドニンフ一本でやってました。

ほんと、某川のような流れです。でもヤシの木みたいなのが生えてたり。

本当に、居そうだと思うポイントにはまず居る!居ると思って探すからサカナも見えるし。結局4時間も釣りあがり、十数尾をキャッチしました。(バラシも多数)
 いやあ、いい川を見つけた!Ruakituri Riverに挑戦するときも、一日はこの川で釣りしよう!
 1時間ちょっとかけて川通しで戻り、体はクタクタ。もう大満足で、Mokauでのイブニングは中止。キャンプ場で密かに祝杯をあげました。

#
 前日のMokauに気をよくして、Ruakituri River行きを先送ってLake Waikaremoana周辺での釣りを選択し、見事にはまった一日でした。
ガイドマップにも載っていない小さな川であるWaiotukupuna Streamに入ること自体かなりリスクがあったし、入渓点の景色からすると川が開けることは期待薄・・という感じだったんです。日本なら多分パスする状況ですが積極果敢にも入っていけたのは、”時間はある”という余裕がもたらしたものなんだろうなあ。
 でもこの川で大釣りをしたのはこの一回。多分このあとギックリ腰になった為、年明けまで釣りにいけないうちに、いい時期を逃してしまったんだろうなあ。もしくは、スポーニング後に残っていたマス達が湖に戻ってしまう間際の時期だったのか。。

 この日の釣りはすごく自信になったのは間違いありません。また、ニンフでサイトフィッシングをすることが本当に面白い釣りだということがわかって、ドライフライに対する誘惑を断ち切れたのもこのときかもしれません。


Mokau大滝?40m級のこの滝の下での釣りは圧巻でした。
無数にサカナは入ってるんだろうけど、大物は釣れなかったです。

Waiotukupunaの川が開けるのはここらへんから。
未知の領域を切り開いたことの満足感は計り知れません。

初のブラウン。いい写真を撮りたいと思ってポーズとらせたんですが、期待はずれ。(^_^)