2005年1月16日日曜日

NZ 20050116 星がきれいだなあ・・

 今日もすごいいい天気だった。。
 体がだるいのを押し切って予定どおりムルパラに出発。どこに行ってもサイトフィッシングが楽しめますが、未だ釣果のないWaikokopu Streamにいってみました。前回は牛に進路を阻まれましたが、今日は大丈夫。しかし水量が完全に元通り=すごく少ない状態に戻ってしまっていて、サカナの気配が感じられないので、1時間以上釣り上がってから引き返しました。これだけで既にヘトヘト。

 クルマに戻って、さてどうしようか。。せっかく来てこれだけで帰るのはもったいないし、Rangitaiki Canalに移動するのもまだ早いか。。ここは頑張ってMangamako Streamを釣りあがりだ!
 大雨の影響で橋の付近は大きな石が大量に溜まっていて異様な光景。炎天下のもと、時折腕に水をかけて冷やしながら遡行。こちらもサカナっけがいまいち。。しかしもうすぐ終点というプールでブラウンを発見!といっても足元で。すかさず後ずさりしたけどそんな事は当然通用せず、流れの中に消えていってしまいました。

 ムルパラ2連敗の後、疲れまくってたけど引くに引けずにRangitaiki Canalに。こっちにきてからレインボーはかなりの数釣ったけど、ブラウンは未だに1尾のみ。特にブラウンが好き・・というわけではないけど、なんとなくブラウンが釣れれば「当たり」のような気がして、妙に釣ってみたいこのごろ。完治さんから、「Rangitaiki Canalはブラウンが多いよ」と言われてたので、思わず飛びついてしまいました。
 過去にも適当に?チャレンジしたことはあるのですが、本腰入れたのは今日がはじめて。車道が水路沿いにあるのでアクセスは簡単なのですが、岸にはススキ?が茂り、水中も幅3mほどのウィードが全域あってどうも釣りづらい。。
 イブニングの時間帯まで、ニンフでなんとなく釣りするもののススキに引っ掛けてばかりでイライラするばかり。サカナも釣れないので昼寝。
 7時くらいに起きて、ライズ待ち。。8時ほどからライズが頻繁になってきた。見上げるといつの間にかカゲロウがかなり飛んでる。さあやるかー、と気合を振り絞ったのですが、相変わらずススキに引っ掛けてばかり。暗くなったせいでなおさら始末に悪く。。まあ苦労しつつも1時間くらい粘ったのですが、なんとノーヒット。がっかりだ。。

 辺りはすっかり暗くなり、快晴の夜空は本当にきれいです。こんなに星が見えたのは記憶にないな。。
 あまりにも夜空がきれいなので、森の中の適当な場所でクルマを止めようと思いましたが、ひとたびクルマを走らせるとすごい数の蛾がフロントガラスにたたきつけてきて、外に出る気が失せました。。

#
 Rangitaiki Riverを囲む植林地帯は広大で、街灯もないので暗くなると本当に真っ暗。NZの星空は本当にきれいです。
 しかし、何度かイブニングにチャレンジしたRangitaiki Canal、ガイドブックなどを見てもけっこう有名なポイントだし魚影が濃いのも感じるのですが、、本当に釣り辛い!河原は全域ゆるやかなバンクで、それだけならキャストに支障もないんですが、文中にも書いたススキがとにかく邪魔。ライズが起こっている川の中央付近にキャストしたくても、それがうまくいかないんですよね。。
 まあ苦労したっていう点では結構印象に残ってますね。(^_^)

小渓流Waikokopuにしてはビッグポイント!(^_^) しかしサカナはおらず。

Mangamakoの回廊。この川もなかなか釣れなかったなあ。

Rangitaiki Canalのと電力設備前のプール。ライズはあるけど届かない。(^_^)