2012年7月25日水曜日

20120725 長野県・千曲川水系

 7月14-16日の3連休を岐阜で遊び倒したすえに過去経験したことのないくらいのひどい渋滞で深夜帰宅。
 3連休明けの翌土曜日はうちの会社では年に数回設定される土曜出勤のうえに、夜は前職のときの同僚数人と懐かしい対面を果たして、盛り上がりすぎて朝4時まで飲んで、2時間睡眠で22日(日)は休日作業で出勤。全然体を休める暇がない! まあ、遊びすぎなのだけど。

 とりあえず日曜の休日出勤の代休、体は疲れてるけど、平日の釣り場に出れる期待感はそんなことを気にさせないのです。

 本当は早めに休みたくて火曜日にとるつもりだったけど、思いのほか東海地方の雨が続き、火曜のみならず水曜でも水量が収まるか微妙。。でもだらだらと決めないでいるのも会社に迷惑かけるので、25日水曜日で決定!

 多少の増水は覚悟してたのだけど、いざ現場に着くと今までのなかでは一番水量も落ち着いていて、たぶんだけど「もう少しで平水」という感じ。

 白い岩とジンクリアの水が印象的な金峰山川は今回ですでに4回目。あと1回や2回は行くだろうと考えると、年券買ってもよかったな。
 先回だいぶポイント開拓できたので、今回はあらかじめ想定ルートを決めてきました。
 大堰堤上からずっと釣りあがり、東俣沢に。その後適当なところまで釣ったら、隣の梓川の大堰堤上の未開のポイントに移動しようと。
 とりあえず、金峰山川の大堰堤上は10時到着にも関わらず自分が最先着だったようで、のっけからいいとこでは気持ちよくサカナがでてくれる!今までこの川では開きでサカナが反応することなんてなかったけど、この日は流れからも次々に反応!これは平日だからか、、どちらかというと水量が落ち着いたからかな。

 サイズは8寸どまりだけど、いろんなポイントからサカナが出てくれるのだから、楽しいのなんの。多少の増水を覚悟してきてたくらいだから、これはうれしい誤算!決して魚影が濃いとは思えないし、一回出たら二度目は無い・・などイワナとは思えないような反応を示すところは無垢な東北イワナとはちがうけど、条件あえばこれくらいの釣りはできるんだなあ。

 午前中の釣果は20尾近く。本格的な上流域に入る東俣沢からは先行者の後追いになったようで反応鈍く、早々に切り上げてしまったけど、もう帰ってもいいくらいに思い通りの釣りができた!

 願わくば、もう少し緩いプールがたまに現れて、浮いてるイワナなんかがいて、サイトで釣らせてくれると最高の釣り場なんだけど。。それはないんですよね。まあ、これだけいい釣りができるなら、そこまで言うのは贅沢ってもんですな。

 今回の釣りは土曜日の飲み会で懐かしいメンバーに会って、そのときの懐かしさをそのまま感じながらの心地よさ。川面のフライにサカナが飛び出す期待に集中しながらも、終始仲間と過ごした当時のことが思い出されて、すごくいい時間を過ごせました。
 昔は単に仲が良かっただけでなく、さまざまな感情が交錯する複雑な人間関係のあった人たちとも、10年近い歳月を経て何もかもが懐かしいというか。
 当時複雑な思いを抱えたまま無理矢理気持ちを抑え込んで川に立っていたことも幾度となくあったことさえ、すごく懐かしく感じるような・・。こういうことで気持ちが落ち着くということってあるんですね。

 いったん川をあがって、予定どおりとなりの梓川堰堤上に向かおうとしたら、川に降りようとしたところで下流からずっと釣りあがってきたと思われる先行者。まあ仕方ない・・ということで移動。
 周辺の川も探せばまだいいとこあるんだろうけど、今回は金峰山川の下流に戻ることにしました。
 旋回は川端下集落から入ったけど、今回はさらに下流から川端下集落あたりまでを目指してみることに。
 川に降りてまもなくは工事で石が積み上げられたような全然だめな流れ。でも、サカナは反応。しばらくすると、集落のそばを流れているにも関わらずいきなり山岳渓流的な渓相に。
 少し侮って入った区間だけど、水量が落ち着いているからこそ釣りあがれるものの、ちょっと水多ければ渡渉も難しいかも。

 でも、サカナは相変わらず出る!
 上流の真っ白な岩の流れに比べると、赤茶色っぽい底石の流れは少し落ちるかな、というのはやむを得ないけど、雰囲気的には富栄養河川のそれっぽく、とはいえ決して水が濁ってるようなこともないので、これはこれでやってみれば楽しい!しかも上流域に比べるとサカナのアベレージサイズが少し大きいかんじで、8寸~9寸がコンスタントに出てくれる!
 これは意外な穴場でない?距離は短い区間だけど、上流よりも盛大な、これでもか!っていうプールもいくつかあって、やる気が途切れない!

 ほんと体力さえあれば、さらに別の流域に移動したいくらいだったけど、休みなしで働いて遊んで・・という3週間を過ごしてきたので、さすがにバテてしまった。。16時過ぎだったけど、ここで納竿。

 いやあ平日の長野はいいなあ!片道3時間はつらいとはいえ、やはり渓流に行けることには変えられないなあ。
 金峰山川中心の釣行が続いて、他の川の様子も見たいのはヤマヤマだけど、まだ金峰山の上流ふたつの支流のうちのひとつ、西俣沢は未踏だし、東俣だって上流まで詰めたことはないわけで。
 千曲に行きがてらの富士川水系の川にもいいとこありそうだし、今シーズンでどれくらい行けるかなあ。。もうそろそろ宮城に戻れるかもしれないとはいえ、今更ながら信州・甲州を開拓しまくってます。

大堰堤上、まあ荒れてるけど、100mも歩くといい渓相になっちゃうんだよなあ。

金峰山のイワナは白くて、オレンジの斑点。

水量も落ち着いて、リラックスして釣りできるなあ。

上流域で大物釣るのは難しいなあ。

まだ未踏の西俣沢。次回チャレンジかな!

川端下集落の下流から釣りあがりは思いがけない成果。
流れも楽しいし、サカナもひとまわり大きい。

上流とは雰囲気違うけど、川端下下流もいい流れだな。