2012年8月15日水曜日

20120815 白石川水系

 今年の長期休暇はすべて9連休の設定。
 でもはじめの3日間は休日出勤なので自分にとっては6連休。いやいいんです、代休がとれるから。9月に入ったらまた土日にからめて5連休を作って遠征に出ようか、などと企むこともできてむしろウレシイ。
 いつもの盆休みは帰省のための移動で往復2日消費、墓参りだの親戚あいさつや甥っ子姪っ子の遊び相手だので2-3日消費・・とどうも思うように釣りに時間がさけないのですが、今回は嫁さんに「秋田に釣り遠征に行きたい」と相談したら難なくオーケーが出ました!
 こうなるとやる気がでて、休みに入る14日(火)早朝出発で宮城に移動。そのまま墓参りいって親戚宅にお邪魔して・・と最低限の所用はすべて1日に集中させました。(^_^)

 15日は小嶋さんとの釣り。
 予定ではアブの出ない高地の源流域を久々に訪れるつもりだったのですが、川へ向かう林道がまさかの通行止め。以前にもあったけど、また途中が崩れてしまったのだろうか。やむを得ず、5月にも行った本来は春先のイワナ釣りが楽しい川を再度釣ることにしました。
 この川自体は大好きなのですが、退渓時には毎度道を見失い苦労するのも恒例。
 夏場は木々や藪も茂って、一層迷う可能性が高い・・と気構えていったところ、今回は思いのほか入退渓ともスムーズでした。

 一方、誤算だったのはアブ!以前の同じ時期に来たときの記憶で「アブはいない」と思ったつもりなのですが、川に降りると大量のアブ!今以前の釣行を確認してみるとどうやら盆休み時期にはこの川に来たことはなかったようです。。
 例のごとくウェーダーレスの自分は、タイツの上から膝周辺を集中的に噛まれ、ストレスがたまって仕方ありません。
 最初の滝の上に出るとだいぶアブは収まりましたが、場所によっては数匹のアブがたかってきて、油断してるとまた噛まれる・・・の繰り返し。

 サカナは渇水で異常にシビアな出方。
 大きいやつだけでなく、小さいサカナも鼻先でフライを見極めて食わない。。
 出てもスッポ抜けたり、バラしたり・・というのが二人ともすごく多いのは、これもサカナが変な出方をしてるからなんだろうなあ。
 それでも、そんなサカナたち相手に結果的には数・サイズともに大満足の釣果だったなあ。

 一番きてたときは年に5-6回くらいも来てたけど、今またこの川に年2回くるとは思わなかったなあ。
 さすがに今年はこれが最後でまた来春。
 こういう「地元の小河川」でのんびり釣りあがるのも楽しいよなあ。関東の片道3時間の日帰り釣行ではこの規模の川を選択することはなかなかしないからなあ。満喫した!

大渇水。
渇水の川での釣りを望んではいたけど、サカナはこれでもかというほどナーバスになってました。

最初の滝より上は岩盤がナメ削られて形成された小さいプールの連続、独特の渓相。

サカナは神経質、それがまた面白い反応になることもあって、結果的には面白かったな。

この川らしい容姿の特徴的なイワナ。

滝下のプールではサカナが溜まっていて、5-6尾釣れました。