2012年9月8日土曜日

20120908 長野県・千曲川水系

 3連休をとったあと2日仕事にでて、また週末になって釣り。
 天気予報では夕方近くに雨・・とのことだったけど、9月ともなれば天候次第ではいつ「シーズン終了」となってもおかしくないので、多少の懸念などは目をつぶって川に向かいました。

 今年は200kmの道のりを何度も通った千曲水系、ここまで通い詰めるとは自分でも思っていなかったなあ。
 でも宮城に帰ったら、岐阜や長野に出向くなんてことはまず無くなるだろうから、関東に住んでるからこその経験と思って頑張っておこう。。

 直前に調べた周辺河川の水位情報では、千曲に通い始めてから過去最低!渇水で釣りにならない・・との声がちらほら聞こえてくる中、個人的にずっと待ち望んでいた渇水の釣りが堪能できる!
 金峰山川をできるだけ釣りあがることだけ決めて、いつもの場所から入渓。

 おそらくこれ以上水が減るようなことは稀なんだろうな、とは思われるくらい水は減ってるけど、そこそこの水量が残るんだな。ポイントが絞れて釣り易いけど、序盤の開けた区間は小さなイワナが反応してくるばかり。

 東俣沢に入ってからは状況が変わり、落差のある流れのポイントが続き、ある程度水深のあるプールの流れだしのイワナらしいポイントから続々と反応してくれるようになりました。
                                     
流れに洗われたような白い魚体に、鮮やかなオレンジの斑点。この川らしいサカナだなあ。


 この川のサカナもスレた反応をするけど、阿寺川の異常なまでのスレッカラシを相手にしていたばかりなので、やけに素直なサカナに感じてしまうなあ。。(^_^)

 何故?と思うようなバラしの連続で、何か合わせが悪いのか、バーブレスフックがスレたサカナに弱いのか・・等々少し考え込んだくらいだけど、なんの千曲にきてみればバラすこともそうはなく、いつもどおり釣れる。やはり阿寺のサカナが普通じゃないんだな。

さらにサイズアップ。でっぷりしてていいぞ。

上流は渇水時にみると小渓流の風情だな。

家から持参した魚肉ソーセージがプラス。

 最初から少し気になっていたけど、大岩がだいぶ動いていたり小さな岩が堆積したような場所ができたり、しばらく来ない間によほどの大水が出た模様。

 大きなプールを前にサカナが浮かないか眺めつつ昼飯を食べた堰堤上のポイントも、大きな岩が壁を作るように立ち並ぶ異様な景色。

 今まで気が付かなかった、林道とは反対側に工事車両が入ってくるための道が開かれていて、おそらく堰堤上に溜まった岩をどかすような作業をしていたんだろうな・・という感じ。

 もっとも、この日はすっかり水がひいてのんびりした釣りだったけど。

 年を越したらまた大きく渓相が変わるのかなあ。。

あまり淵が形成されない上流の流れでも、時折現れる深いプールはエメラルドグリーン。

ここらへん、ほんと水無いな。(^_^) ボサもかかる渓相になってきた。

 行けるところまで釣りあがろうと思ってたけど、2時をまわったあたりでサカナの反応が悪くなったなあ・・と思っていると、上流から入ったと思われる先行者の足跡。
 退渓して、初めての千曲本流か、隣の梓川に行くか・・と考えた末に、やはりイワナ釣りがしていたいということで梓川を夕暮れまで釣りあがりました。

 最近よく利用する、恐ろしく精度の高い渋滞予測「ドラぷら」をチェックすると、中央道が夜10時頃まで30kmの渋滞見込み。一方、関越道はほとんど渋滞なし。
 40kmほどもの遠回りだけど、 動いては止まり・・の中央道の渋滞30kmよりましか・・と佐久方面に移動。結果的には釣り場から4時間くらいでストレスなく家に着くことできたから、成功だったかな。

 来週はまた3連休!

 秋田に行きたい・・けど、せっかく通った信州もさらに開拓したい川も多数。迷うとこだけど、天気次第で決めることになるかな。