2012年5月26日土曜日

20120526-27 長野県・八千穂レイク

 2年ほど前にテレビで紹介されていて気になっていた、長野県の八千穂高原の管理釣り場に。
 この釣行記で管理釣り場を書くことってなかったのだけど、なかなか楽しかったので。。

 長野までは200km、4時間ほどの工程。日帰りはきついので、せっかくだから嫁さんを連れて一泊釣行。
 こういうのには付き合ってくれるので感謝です。
 9時くらいには到着して釣りしたいから5時くらいに自宅出発。朝マックしながら移動しようとドライブスルーに入ったら、急にハンドルが利かなくなった!
 駐車場でいろいろ試してると、どうもパワステがきかなくなったもよう。なんとか自力で自宅にもどり、「せっかくの釣り旅行が中止か・・」と落ち込んでいると、嫁さんが「レンタカー借りて行ったら?」とナイスな提案!
 幸い時間も早いので急いで調べて、8時半の開店にあわせてレンタカー予約、即座にタクシーでレンタカー屋に向かってそのままリスタート。

 13時くらいに到着して半日釣り。
 八千穂レイクは管理釣り場といっても相当大規模な池で、高原リゾート地帯にあるので景色は最高!
 サカナはすれてて一筋縄ではいかないけど、釣れる魚は50cmほどもあるから、NZ仕様のセージ 9ft#6とラムソン・ライトスピードのドラグが大活躍。

 夜は近場のバンガローを借りて、持参した食材と酒で二人バーベキュー。
 リラックスしてちょっと飲みすぎ。

 翌日は午前中だけ釣り。
 初日より風が弱く、無風のときには水面がハッチとライズの波紋で埋め尽くされ、大興奮。
 大きいサカナ相手だけど、スレてるからティペットは#7程度に落とすと反応がガラっと変わる感じ。
 ウィングのない、ボディにハックルだけ薄く巻いたフライがハッチに紛れてばっちり合ったのか、周囲が苦戦してる中、自分はバラしたりスッポ抜けたりたまに釣ったり・・とほんとに忙しく楽しい釣りになりました。

 いやあ、なかなかいいとこだったなあ。
 帰りがけ、信州そばを食べながら佐久市中を走ってると、有名な千曲川の流域だったんですね。あとで調べたら、泊まったバンガローの脇を流れる川もイワナ釣り場らしいけど、釣り人込み合ってる雰囲気はまったくないし、今年もう一回くらい行ってみたい気がしてきたゾ。

 この旅行すごくリフレッシュできた!
 釣りも景色もキャンプもよかったけど、なにより「携帯電波が入らないからiphoneをまったく触らなかった」のが何より精神的によかったのかも・・と考えているところ。
 iphoneはいい暇つぶしとして使ってるけど、FacebookやTwitterなどのSNSは、知らず知らずに楽しみだけでなく、ある種のストレスも感じてたみたい。
 少しスマートフォンとの付き合い方を考えることになりそうだな。。

長野までくると、管理釣り場もすいてますな。

ひろびろして、景観は最高。浮かれてます。

アベレージは40-50cm?スレてるけど、楽しい釣りです。

凪いでると、水面のハッチとライズがやる気を駆り立てます。

二日目、時間ぎりぎりのタイミングでラスト一尾をキャッチ!
ほんと、リフレッシュした二日間だったなあ。

2012年5月19日土曜日

20120519 桂川(忍野)

 今年2度目の忍野釣行。
 前回がいまいちだったので状況の一変を期待してたけど・・、正直「今年はダメなんだな」というのを再確認することになってしまいました。

 相変わらず釣り人は多いけど、川の様相は昨年と一変。慢性的にうす濁り、梅花藻は枯れ、S字ポイントは砂で埋まり、虫がでないからライズも少ない。。
 スレッカラシばかりの忍野だけど、清冽な流れときれいなブラウンが釣れるのが楽しかったのだけど・・ブラウンは姿さえ見ないなあ。

 それでもS字でちょこっといい釣りしたタイミングがあったかな。
 あと、いつもなら渋滞が激しくなる前に帰ろうと4時くらいに切り上げているところ、「イブニングでヒゲナガ」と19時近くまで粘ったところ、逆に帰りの東名は渋滞が解消してた!?というのは新しい発見。(^_^)

 でも、せっかく年券買ったけど、今年はもう行かないかもしれないなあ。。

富士山、きれいだなあ。すっかり見慣れてるけども。

 一見よさそうだけど、濁り入ってるんだよなあ。。

 台風の影響ですか。梅花藻がほとんど枯れてしまって。。

イブニングまで粘りに自衛隊橋近辺に行ったら、人だらけで入れなかった。。

2012年5月1日火曜日

20120501 白石川水系

 GW二日目は小嶋さんとの釣行。
 「小嶋さん」・「GW」とくれば行く川はほぼ決まり。
 まだ歩く釣りには体が慣れない時期ではあるけれど、ハードな釣り場に付き合わせてしまってすみません。(^_^)

 でも行ける川も限られるこの時期、期待を裏切らない川です。
 おそらくこの川に最も通ってるのは自分ではないか?と思うほどに行っていますが、横浜に引っ越して行ける機会が減ってからというもの、入退渓は必ず迷うようになってしまいました。。

 釣りのほうは期待どおりの絶好調。
 サカナが薄いと思っていた区間でも釣れ続け、本命区間は少し釣りあがって目標地点までたどり着けなかったけど、いい釣りができればそんなことは気にならないわけで。
 しかも、この川では希少な尺イワナを小嶋さんが釣り上げ(ランディングは少し失敗)、本当に充実した釣りになりました!

 ゴルジュ帯の潜水艦のようなイワナと戯れたりもしたし、帰りはいつもどおり散々歩いたし、渓流釣りを満喫したなあ。

水量もちょうどいい。

ハヤが産卵まっただ中。

ほんと、いい雰囲気。前日の釣り場とは季節の進み具合にだいぶ差があったなあ。

この川らしい、黒くて模様がくっきりなイワナ!

前日ブユに噛まれ、さらにこの日も同じ左手をブユにかまれた!(^_^)

なかなかの大物ですよ。

よく釣れて、楽しかった!

 少し大変な釣り場だけど、春先はやはりこの川!という思いを新たにしましたよ。