2012年6月30日土曜日

20120630 長野県・千曲川水系

 先週、梅雨の晴れ間に今更ながら千曲川川上地区を開拓して気をよくしていたら、この週もまたもや梅雨の晴れ間!(^_^)
 いつも土曜は仕事の嫁さんが今週は休みなので、先週の土日遠征といい少し後ろめたくもあるけども、行っていいというのでここは遠慮なく出発。
 珍しく「イブニングまでやってくる」と決めて、上流~下流・・と探ってみようと思っていました。

 考えればこの間もそれほどまとまって雨降ってないよな、、大増水だった先週に比べたらだいぶ落ち着いてるかな。
 期待に胸躍らせながらも、自宅を出発したのは朝6時。片道3時間ちょっとかかるうえに週末の渋滞を考えれば、我ながらもう少し早く出発しろよ・・と突っ込みたくなるけども、いくら早く行っても先行者はいるし、そんなんなら活性のあがらない朝の時間帯にいいポイントを終わってしまうより、気温があがるころに程よく入れればいいか・・みたいな。

 この日も金峰山川へ。
 先回と同じ、上流の東俣沢。あえて西俣沢を選ばず、2週連続同じ流れに向かったのは、区間途中で発見していた大イワナが目当て。まあまだ2回目だし、水量が落ちた東俣沢の様子をみておきたい・・というのもありますが。

 10時近くに入渓。よく晴れた空に白い岩とクリアな水が映えます。
 水量はだいぶ落ちたけど、「平水はもっと少ないんじゃないかなあ」と感じるところ。主流は相変わらず流れが強くて、開きにはサカナが着けそうにない雰囲気。おのずと岩の脇などを狙っていくと、早々に一尾。
 この川のイワナは川底にあわせてすごく"白っぽい"けども、最初のサカナだけは黒かったな。

 ピーコックボディのテレストリアルを意識したエルクヘアカディスで釣りあがろうと思ったけど、川底の色の関係で全然見えない。。
 すぐに赤いインジケータ付きのビートル・パラシュートにこの日のメインフライを変更。
 釣果はぼちぼち。最初の数尾は調子よく釣れたけど、以降は見切られたりバラしたりも多く。でも、狙えるポイントが増えて、サカナの反応も多いので申し分なし。

 そうこうするうち、大イワナポイント。
 大岩の影から覗き込んだところでサカナに勘付かれ、ゆっくりと岩陰に隠れられてしまった前回の教訓を踏まえ、サカナが見えていない状態からキャストすると一発でライズ!も見切られてるのかフライは沈まず。東北ではあまり考えなかったけど、スレたイワナはフライが落ちて、本能的に食いにいくけどもその間に見切って、勢い水面には出るけれどもフライを避ける・・というような動きなんだろうなあ。
 2投目もでたけど、これものらず。そう何度も出ないだろうからいい加減慎重に・・とフライをウィングのないパターンにチェンジ。やっと乗った!とのもつかの間、釣れてきたのは平均サイズのイワナ。まあ充実した勝負ができてよかったけど、大物は居なくなってたのかなあ・・と近づいて探すと、さっきまで流してた場所にやっぱり居る!むむう、、一回くらいは出てたのかな。。それとも大イワナは無反応?間もなくスーッと岩陰に消えていったので、あきらめて釣りあがり継続。

 先週も転倒したけど、この日はなんと3回も転んでしまった。。いずれも歩いている最中に、というよりはサカナを狙っていたり、フライをチェンジしようとしたり、といったほぼ静止状態でバランスを崩してしまうような感じなので、大事には至らないのだけど、今回は竿を振ってる最中に前方に転んでしまい、岩に胸部をしこたま打ち付けてしまいました。おかげでベストに入れていたフライボックスが一つ大破、気に入っていたプライヤーがヒンジ部分で曲がってしまった。。幸い、首からぶらさげていたカメラは無傷。当たり方がよかったんだろうけど、頑丈だなあ。

 昔、川に慣れていないころはよく転んだもんだけど、最近は川での転倒なんて年に1回あるかないか、という程度。そんなに疲れてるとか、体力落ちたとかではないはずなので、なんかおかしいなあ・・・と思いつつ、ふと「シューズを新しいサワートレッカーに変えてから」なんじゃないかという気がしてきた。。モデルチェンジしたサワートレッカーは、以前はネオプレンで成型されていた後方まで靴の硬い素材で覆われ、ブーツっぽい形状。歩いていても時折ふくらはぎにあたるなあ、と気になっていたけど、かかとが固定されるシューズが久しぶりなので歩き慣れてないんだな、きっと。暫くは気を付けて、さっさと慣れないと。。

 その後東俣沢では2時間半ほど釣りあがったところで、上流から入ったと思われる先行者に遭遇したので退渓。
 ポイント探しが大きな目的のひとつだったので、いい区切りがついたかも。ここで数km下流の川端下(かわはけ)集落周辺に。よくわからなかった入渓点もほどなく見つけ、釣り再開。
 このあたりは別の川のような風情で川底は赤茶色、集落に面する片側は護岸されていて小さな堰堤も続き、人工物が形成するポイントを狙う感じで、まあ好みじゃあないですね。(^_^)

 ・・けどサカナっけは上流よりだいぶ濃いかな。気楽なポイントだけに釣り人はすごく多くて、少し釣りあがると先行者、さらには入渓点に戻る人・・とひっきりなし。早々に退いて、さらに下流あるいは隣を流れる梓川を目指すことにしました。

 金峰山川を下流に向かいつつ入れるポイントを探していたけど、進むほどに平坦で平凡な流れ。
 ということで、さらなる釣り場開拓で梓川に。

 上流部の橋から見える流れは水量はあるけど狭く、やるならもっと下か・・と梓ダムまで戻りました。古いガイドブックには「梓ダムはニジマス放流があり、ルアー客でにぎわう」・「ダム上流は大堰堤まで荒れていて、良いのは大堰堤上」と書かれていたので、本当は大堰堤上に入りたかったのだけど、なにぶん初めてで場所がわからず、、。
 ニジマスも少し期待してたのに、ダム湖は土砂で埋まり釣り人の姿など無し。一応釣りあがり始めると、もとは良い流れだったんだろうなあ、、という岩の点在にも関わらず、底は深々と土砂が溜まった流れが延々と続き、サカナはいるけど途中から竿をしまって、大堰堤上を目指して急いで歩くことにしました。

 この時点で16時近く。退渓点もわからない初めての川で、釣りあがってる時間じゃあないけども。。
 大堰堤までは思いのほか距離があり、ようやく見えて一安心・・と思っていたらそこに先行者、がっくり。
 まあ大堰堤への入り口が分かれば次につながる、ということで大堰堤に降りてくる道で車道に出て、入り口をしっかりチェック。次回再チャレンジなり。

 さてどうしよう・・、とここで金峰山川に踵を返し、上流・川端下ともうひとつ気にしていた「大堰堤から東俣・西俣合流点」までの区間に行ってみるか・・と。
 梓川の大堰堤入り口でわかったことだけど、川上地区は町全体が町と山とをフェンスで仕切っていて、おそらくレタス畑への鹿の侵入を防いでいるのですが、おおむねダム湖などの人工物への入り口には開閉可能な「ゲート」が着いてるんですよね。なので、だいたいの位置関係で、大堰堤にあたりをつけて入ってみるとビンゴ!先行者のクルマも見当たらない。

 17時・・堰堤上でライズでも狙えるならそこで遊ぼう・・と思っていたけど、堰堤上の広大な土砂地帯を歩いて偵察するもサカナっけなし。先に書いたフェンスのせいで、いったん釣りあがり始めたら「元の場所に戻る」か、「上流に抜ける」しかないので、時間の見当もつかないだけにちょっとリスキー。。でもまあ、道からそう離れるわけでもないから大丈夫!と奮い立たせ、釣りあがることに。

 入ったあたりの雰囲気では、「流れに入っても土砂が溜まってるのかなあ」と思ったけど、予想は良いほうに外れ、少し歩いたら上流域のような白い岩の流れ。
 イブニング近くになってハッチも目立ち、流れの中を注視してると日中は皆無だったライズも時折。
 時間と距離との闘いもあって足早に、良いところだけ狙い、何度も反応するのだけど釣れず。でも急がなければならない。。あせりが思い切り合わせ損ないにでてるような。
 薄暗くなりはじめた18時過ぎ、遠くに護岸らしきものが見えた!たぶんあそこが退渓点近くの橋だな、、と予想できたので、そこからようやくじっくりと釣りに専念。
 でもバラシ癖は相変わらず抜けず、このポイントに入ってからまさかの5連続バラシ。まあ、サカナがスレてて、警戒心が完全には解かれてないんだろうな。

 徐々に橋が近づき、「最後までバラシて終わり」という別の意味の焦りがでてきた。(^_^)
 いよいよ橋の近くの開きで、水面に体を出してライズするイワナ・・・これがラストチャンスかも。。でもなんか釣り落としそうなライズだなあ・・と自信喪失気味にキャストすると、やっと乗った!
 よし、今日もいい締めくくりができた!ということで気分よく川をあがって納竿。

 19時すぎに川を出発、高速は渋滞のピークもすぎて至って快調。
 休憩なしでゆっくり走って22時に自宅到着。十分日帰り可能だな。。

 いやしかし、久々によく歩いたなあ。
 ポイント探しという目的でいえば、梓川含めて金峰山川の上流~下流までいくつも開拓できたし、これでだいぶ潰しが効くようになったかな。
 あとはもう少し水量が落ちてほしいなあ。いや、もう少しと言わず、もうカラッカラくらいになってほしい。(^_^)
 実際平水がどれくらいなのか、夏場どれくらいになるのか・・と何も知らないわけだけど、今よりかなり水量が落ちないとイワナ釣り場としては釣りづらい部類だよな。。
 これから夏にかけても何度か行くだろうから、さらに水が落ちてくれることに期待!

10時頃入渓。水量は先週よりはだいぶ少ないけど、まだ多いんじゃない?


開始10分で珍しく黒い、居着きっぽいイワナ。

真っ白な川。白いフライはほとんど見えづらいのなんの。

流れの中に立ち木。

尺狙いで粘ったけど、釣れたのは普通サイズ。

下流の川端下地区。別の川のよう。

川端下地区、こんななのに釣り人すごく多い。

梓川、ダム上流。土砂で埋まってて全然だめ。

梓川大堰堤。この上がやりたかったのだけど、堰堤に先行者。
でも次はここから直接入れる場所がわかったぞ。

川上地区の平均的な景色、レタス畑。

金峰山川、川端下上流の大堰堤上。
広大な土砂堆積地帯は殺伐としてます。

100mほども歩くと、信じられないくらいガラッと渓相がかわって、上流の白い石の川に。。

2012年6月23日土曜日

20120623-24 長野県・千曲川水系

 梅雨の晴れ間の週末、嫁さんの許可をもらって一泊の長野釣行を決行!
 千曲川周辺は流石に支流も沢山ありそうだけど、自分にとってはこれから釣り場開拓のフィールド。台風明けの増水は心配だったけど、なんとかなるだろう、、ということで出発。

 佐久市内に入り、千曲川本流は大濁流。。
 こりゃあ無理かなあ・・と思いつつも、片道3時間超の小遠征を無駄にできないので、小規模な支流をあたることに。
 ガイドブック等で増水時の逃げ場としても紹介されていた抜井川からスタート。この川は八千穂レイク釣行のときに泊まったキャンプ場の脇を流れていて、そのときも「そこそこ釣りできそうだなあ」と思った川。水量も本流とは比べ物にならないくらい、多いことは多いけども釣りはできるな・・という感じ。

 幸い入れそうな場所には先行者もなさそうだし、迷わず入渓。
 ヤマメとイワナの混生だろうから、とりあえず増水の流芯脇あたりを中心に流して小ヤマメをちょこちょことキャッチ。最初は楽しかったけど、大場所でも同じサイズしか出てこないもんだからちょっと不満。
 釣りあがるにつれ、徐々に山岳渓流的な渓相になってきたので、増水の流れから少し外れた岩の裏などに狙いを変更。
 サカナの反応はなかなか渋いけれども、たまに現れる大場所は水量が落ち着けば面白そう。

 そんなポイントのひとつ、遠めからキャストした岩盤際でライズらしきものを発見。ライズの周辺を何度か探ってるとやっぱり出た!この日唯一のイワナは8寸ほどだけど、これが2日間の最大サイズ。(^_^) いいんです、狙い通りに釣れるのが何より。でもやっぱりもう少し大きいのが出てほしかったか。。
 乙女の滝、という観光木道がある場所が魚止め。さらに上流も行けるのかもしれないけど、それほど規模がなく、単調な釣りになってたので新たなポイント探しで移動することに。
 とはいえ時間はすでに15時近く。距離感が分からないまま、これも有力な支流という相木川に移動。里川的なところのようなので、イブニングライズでもできれば・・と思ったけど、こちらも増水気味にも関わらずポイントごとに釣り人の姿。様子を眺めてまわってるうちに薄暗くなってきたので、この日の釣りはおわって佐久市内の宿で休むことに。

 宿でビールを飲みつつ、大増水の千曲水系で明日はどこに行こうか作戦を練る。。ガイドブックでは「花崗岩の大岩とジンクリアな水質」が特筆されていた金峰山川に興味が向いたけど、増水でイワナ釣り場はつらいよな・・・などと。初日の釣りは厳しかったから、二日目は楽で確実に楽しめる八千穂レイクにでも行くかなあ・・などと思いつつ、結論を持ち越して床に入ってしまいました。

 翌朝は快晴。
 寝てる間に決めたわけでもないけど、起きたら「やはりせっかくだから釣り場開拓、金峰山川の様子は見に行こう。増水で無理なら八千穂レイクでもどこでも移動すればいいや」と6時には宿を出発。

 同じ千曲水系とはいっても、金峰山川までは佐久市内から50km近い行程。
 金峰山川は川上村内を流れる支流。「千曲川・川上地区」なんて言葉は、釣り雑誌でよくきいていたような気がするな・・と、帰ってから調べたら、金峰山川は千曲の支流の中でも超人気河川のようですね。
 ガイドブックだのみで入渓場所をみつけ、上流域の東俣沢に入渓。東というくらいだから西俣沢もあるし、それらの合流点下流もよいらしいのだけど、東俣を選んだのは特に意味はなく、直感です。

 金峰山川、すごくいい!
 真っ白い花崗岩の大岩、落差のあるイワナの渓相!宮城県にあっても、足繁く通うだろうと思われるほど魅力的な流れ!
 でも如何せんこの日は増水で怖いくらいの流量。。(^_^)
 こんな流れでイワナ釣りはつらいよ・・と思いつつも白眉の渓相を釣り歩くのは必ずある次回につながるだろう・・と、釣果は期待せずにとりあえず釣り開始。

 岩の脇などの緩いところを丁寧に探ってたまーに反応がある、という厳しい釣りだけど、常に平水時の流れが想像され、それはまさにひとつの理想の流れ。平水のときにまた来たい!と思いつつの釣りあがりは貧果におわったけど、次回以降に大期待!
 久々に大転倒して膝を痛めたり、大増水の渡渉と落差のある渓相に大岩の連続と、バテバテにはなったけど、本当に次が楽しみだ!

 あまりの貧果に、1時過ぎには八千穂レイクに行ってでかいレインボーと遊んで帰るか・・と思ったけど、八千穂レイクも台風の影響で濁り気味、ライズも控えめ。こちらも結局渋い釣りに終始して、二日間の釣行を終えました。
 でもとにかく、金峰山川にはやる気を感じるなあ。
 人気河川で超激戦区らしいけど、下流域も楽しそうだし、近隣梓川という支流もよさげ。
 今回の小遠征で、抜井川・相木川・金峰山川と異なる雰囲気の川を感じられたのは、現地到着後のつぶしも効くようになるし、良かったな。
 とはいえ、今回行ったなかではとにかく金峰山川は特筆物!いいコンディションのときに再チャレンジしたくて、今からウズウズしてます。

#
 といいつつ、これを書いてるのは6/29(金)、明日6/30(土)は快晴で気温は30度超とか。
 金峰山川、すごく混んでるだろうけど、行っちゃいますよ!

抜井川はこのサイズのヤマメ連続。
新調したラムソンリールはいきなりすごくお気に入り。(^_^)

抜井川のちょっと上流域。
水量が落ち着けば、結構楽しいかも。

初日の宿に向かいつつ、南相木川途中の小さいダム湖。
いたるところでイワナのライズ。誰もいないし、意外と穴場?

二日目の金峰山川、すごくいいんだけど、この日は水量が。。(^_^)

こう見ると行けそうだけど、流れは轟々。
平水なら超大場所だろうなあ。

2012年6月2日土曜日

20120602 群馬県・神流川

 先週の八千穂レイク釣行に気をよくして、2週連続信州方面釣行。
 2回目となる神流川C&R。
 昨年はゴールデンウィークの渋滞にはまり、行きも帰りも4時間超コース。おのずと足も遠のいていたけど、ゴールデンウィークを外した関越道は週末でもそれほど混んでないことは八千穂釣行で確認済み。
 それよりなにより、「高速1000円」が終了したのがなんだかんだいって一番大きいのかな。始点の「練馬IC」から川に最寄の「下仁田IC」までは通常料金で片道3,050円。土日だと割引きで1,750円。まあ高くなったのはやはり痛いのだけど、自分にとっては往復1,500円アップで空いてる高速使って信州の釣り場に行けるなら、今のほうがいいかな。

 まっすぐC&R区間に向かおうと目印だった記憶のある「上野村役場」をナビにセットして向かい、目的地まで3kmほど・・というところで道路の下手に神流川の流れと釣り人たちの姿。川に降りて入る道の雰囲気も似ていて「あれ、ここだったか。。」と思って違和感を持ちつつも河原に駐車。
 支度を終えてポイントさがしをはじめると、まるで鯉釣りのような"置き竿"で釣りしてる人々の姿。「なんかやはり雰囲気ちがうなあ」と思いつつも良さげな淵から釣り開始。早々にキレイなヤマメを一尾釣り上げると、近くを通りかかった爺様が「フライはすげえなあ。よく引っ掛けないなあ」と感心していき。。やはりここって場所ちがうかな?と一旦クルマに戻りつつ、これから川に入ろうとしてる人に聞いてみると、やはりC&Rは違う場所だ、とのこと。(^_^)
 まあ、さくっと釣れたしC&R区間にこだわる理由もないのでいいんだけどね。

 改めてC&R区間に向かいつつ、「やはり河原への道も雰囲気も似てるんだよなあ」と自分に言い訳。
 しっかり「C&R」と書かれた看板の脇をとおって駐車スペースに降りると、こちらはなんと人が誰も居ない!これはラッキー、というよりは逆を疑ってしまう。。
 だれもいないから、流域全体ポイント選び放題。とりあえず下流から駐車スペースまで様子見してみると、昨年は随所の石についていたヤマメの姿はなく、どのプールも小さなハヤだらけ。
 これじゃあ人も来ないわけだ。。

 プールには少ないながらもヤマメの姿も確認できるけど、直前に何度も釣られてるのか何か食べてる様子もなくじっとしてるばかり。
 ライズしてるのはハヤばかりのようなので、昨年はあまり良くなかった上流側を釣りあがってみることに。
 最初のうちは浅い早瀬の連続だけど、少し歩くと厚みのある流れが続き、流芯から大物が出そうな雰囲気が漂ってきます。
 上流もやはりサカナッけは薄いのだけどいいポイントでは反応あり、たまにバラしてたまに釣ってくらいで意外に楽しい。
 大物は出なかったけど、ゆっくりじっくり釣りあがって夕方近くにもなったので、もとの駐車スペース前のプールでライズでも待つかと。。

 関東での釣り帰りは中途半端に早いとかえって渋滞にはまるから、今後はイブニングまでやってから帰ることにしました。
 イブニングライズを狙ってか、ようやく数人のフライフィッシャーの姿。でも先に目をつけていたプールは幸い空いてたので、「最後にいいやつを一尾釣ってくぞ」と狙いをプール中ほど中層の2尾のヤマメに定めます。というか、その2尾以外はハヤしかいないと思われるのだけど。

 相変わらずフライにはほとんど反応を示さないしライズもしない。
 こちらがどう頑張ってもどうにかなるようには思えないけど、時間がたっても変化する雰囲気もない。。
 そうこうしつつ1時間以上粘ってると、上流から大きめのヤマメが降りてきて、少しおバカっぽいライズをした!
 「これはチャンス!」と、あっさり狙いを先のヤマメからおバカさんに切り替えたけど、見えづらいところで居場所を変えるのでなかなか難しい・・。
 いい場所に戻ってくるのをじっくり待って、定位したところで上流1mほどにキャスト・・ほれ出た!
 9寸超だけど体高が物足りない感じのヤマメ。でも最後の締めには相応しい一尾が釣れたので、納竿。

 しかし、もう少しサカナ居てくれないとなあ。。
 漁協の怠慢なのか、地元の餌釣り師のモラル(というかルール知らないだけ?)のせいなのか。
 C&R区間って、どこも駄目な方向に向かっていってる気がするなあ。
 なんて言いつつも、こういうサカナっけが一見薄い釣り場、意外と嫌いじゃなかったりして。(^_^)
 気楽に入れて人が少ないのは、自分にとっては好都合!今年たぶん、もう一回くらい行きそうな気がする~。

C&Rの駐車スペースから。
昨年、目の前のプールは人がいっぱいで入れなかったのだけど。。

ハヤの襲撃。二桁釣果なり。(^_^)

厚い流れからきれいなヤマメ。

夕暮れ時に待望の大物。気持ちよく切り上げられるよ。