2014年4月28日月曜日

20140428 宮城県 迫川水系

 ひざの具合がいいので、近場で開拓しようとしていた県北の川へ。
 本流は震災時の復旧工事が未だに続いているのか、雪代とは思えない泥濁り。
 目当ての支流は林道に沿っていて、どこでもあがれる安心感のある川。でも、漁協が管理を継続しているのかどうか、サカナがいるのかどうか・・といった部分で不安がありました。
 でも川は平水でクリア。海苔のような藻がそこらじゅうの岩に着いていて、少し風情には欠けるけど、なんとなく釣れそう。先行者もいるし。(^_^)

 不安をよそに、川に降りて最初のポイントで7寸ヤマメ。
 これだけ入りやすい川なのに、それほどスレてる様子もなく、ところどころの瀬からヤマメが食いついてきてくれました。

まだサビが入ってるけど。

 こんなに普通に釣れるとは思ってなかったので、うれしい誤算。
 平凡な瀬のところどころに、ときおり小滝が現れるというのは意外に見ない流れ。それが常に林道沿いにあるというのがまた不思議な感じ。。

ところどころに大場所が現れて、やはり期待が高まるなあ。

 期待以上の釣りで3時間ほど釣りあがると、途中で林道を追い抜いていったクルマが止まっていたので、今回はそこで納竿。
 全体的には小ぶりなサカナが多い印象だけど、ときおり8寸強のヤマメが釣れてくれる今の状態なら、全域開拓してみたいなあ。
 何より、どこまでいっても林道沿い。毎週ハードな釣りばかりしてられるわけでもないし、どこでもやめられる気軽な釣り場も貴重です。ただ、夏場も水量が保たれるのか、サカナが残ってるのか、心配もあるわけだけど。。
 とりあえず次は、今回行けなかったさらに上流に入ってみるかな。

 
こんないいサカナが釣れるなら、全域開拓してみたいな。