2014年7月6日日曜日

20140705 宮城県 鳴瀬川水系

 Oさんに県北の川をガイドしてもらいました。
 河原がなくて、底石がヌルヌルしてて・・とあまり良い印象のない川ではあったけど、家からわずか40分ほどで川に立てるこの川のいいトコロを発見して、今後もお世話にならねば。

 梅雨の増水は好都合ということで、入渓して早々に弧を描いてヤマメが飛び出てくれました。
 前半はずっと左岸からの釣りでずっとバックハンドキャスト。どうしても右腕を高くあげるから、続けてると肩が疲れてきてしまいます。

サカナはよく出るけど、なにしろ増水で大変。

 増水のうえ、曇りがちの天気、川石の色など相俟って、足元が見えづらい。。
 しかも少し川幅が狭まると、両岸に渡る形でクモの巣がかかっていて、なるべく避けてキャストしたいからこれまた気を遣う・・。
 でも良さそうな場所からは反応があるから、根気よくやってたらボサもかかって一際釣りづらい場所からいいヤマメが出てくれました。

ストレスのかかる中、根気よくやればいいことあるもんだ。

 昼近くからは断続的に本降りの雨。
 水量もさらに増えたようで、ところどころで派手な白泡の流れ。押しが強い流れで、川を渡るのにも一苦労。
 午前中が嘘のように、サカナの活性もさがってしまい、大場所でも反応はなく、そうこうする中でたどり着いた退渓点の堰堤でも反応はしぶいまま。

雨が降り始めてからはいたって低調。

晴れてくれていれば前半の調子が持続したかな。
 少し水が減ってくれれば歩きやすくはなるけど、釣れなくなるか。。
 とりあえず、晴れの日ならこれくらい水量あっても歩きやすいかな。次は晴れの日を狙ってきてみよう。