2014年9月23日火曜日

20140923 宮城県 白石川水系

 月末は仕事で時間が取れないと思っていたので、この日が2014年の最終釣行。
 めっきり釣り人を見かけなくなった川だと思っていたのに、駐車スペースに到着すると、久々に先行者のカブ。
カブというのが地元を知り尽くした感じを醸し出しています。。

 この日は後追いか・・と少し期待値を下方修正しつつ川におりて遡行を開始すると、本格的に釣りを始める流域に着く前に、上流から下ってきたのはキノコ採りのおじさん。
 今まで気にもしてなかったけど、この川の流域はキノコ採りのメッカ?なのか、昼近くになってずっと上流を釣ってるころにも、崖の上を後方から何か探りながら歩いてくる人に出会い、聞くとキノコ採り。よっぽど良いものがあるんかな。。 

最初の魚止め滝は、ダム遡上の大物が狙えるはずなんだけど、見たことないな。。 

上の写真の2mの段上のプール、滅多にサカナ入ってないけど、この日はいいヤマメいた! 

 釣りはじめて間もなくから気になってたけど、この日はすごく水の透明度が高い!
 水量が少なくてアオコがついてしまう川もあるのに、この川は水量が少ないにも関わらず過去最高に水がキレイな状況で釣りできるとは。
 これだけで、最終釣行は大成功みたいなもんだ。

初秋の弱い陽射しのなか、弱々しくも清冽な流れ。

 スレた反応するサカナも多いけど、出るときはバックリ出たり。
 尺オーバーは出ないけど、8寸~9寸のサカナは何尾かでてくれました。来年もこの川は大丈夫だな。

この川ならではの虫食い模様のイワナ。 

澄んだプールは、ひたすらサカナの姿を探してしまいますね。

来年には尺越えに育ってくれるかな。

 水の透明度には驚いたし、釣果も満足だったし、いうことのない締めくくりができました。
 しかもここにきて、悩みの左ひざの痛みが全くない中で一日釣りができて、「ここからシーズンが始まってくれれば!」と思うほどでした。

 膝のほうは、無理さえしなければ歩いてるほうが調子がいいみたい。
 シーズンオフはできるだけ歩いて、来シーズンまたいい感じで迎えたいもんだ。