2014年4月28日月曜日

20140428 宮城県 迫川水系

 ひざの具合がいいので、近場で開拓しようとしていた県北の川へ。
 本流は震災時の復旧工事が未だに続いているのか、雪代とは思えない泥濁り。
 目当ての支流は林道に沿っていて、どこでもあがれる安心感のある川。でも、漁協が管理を継続しているのかどうか、サカナがいるのかどうか・・といった部分で不安がありました。
 でも川は平水でクリア。海苔のような藻がそこらじゅうの岩に着いていて、少し風情には欠けるけど、なんとなく釣れそう。先行者もいるし。(^_^)

 不安をよそに、川に降りて最初のポイントで7寸ヤマメ。
 これだけ入りやすい川なのに、それほどスレてる様子もなく、ところどころの瀬からヤマメが食いついてきてくれました。

まだサビが入ってるけど。

 こんなに普通に釣れるとは思ってなかったので、うれしい誤算。
 平凡な瀬のところどころに、ときおり小滝が現れるというのは意外に見ない流れ。それが常に林道沿いにあるというのがまた不思議な感じ。。

ところどころに大場所が現れて、やはり期待が高まるなあ。

 期待以上の釣りで3時間ほど釣りあがると、途中で林道を追い抜いていったクルマが止まっていたので、今回はそこで納竿。
 全体的には小ぶりなサカナが多い印象だけど、ときおり8寸強のヤマメが釣れてくれる今の状態なら、全域開拓してみたいなあ。
 何より、どこまでいっても林道沿い。毎週ハードな釣りばかりしてられるわけでもないし、どこでもやめられる気軽な釣り場も貴重です。ただ、夏場も水量が保たれるのか、サカナが残ってるのか、心配もあるわけだけど。。
 とりあえず次は、今回行けなかったさらに上流に入ってみるかな。

 
こんないいサカナが釣れるなら、全域開拓してみたいな。

2014年4月26日土曜日

20140426 宮城県 白石川水系


 2014年の解禁釣行は、少し不安を抱えて迎えることになりました。
 昨シーズンの終盤、ひざを岩に打ち付けたせいか、経年で軟骨がすり減ったのか、原因は定かでないのだけど、膝を痛めてしまいました。
 シーズンオフはできるだけ養生していたので、痛みもほとんどない状態で解禁を迎えることはできたけど、山奥でまた膝が痛んだりしたら大変・・・ということで、いつも以上に慎重な遡行を心がけました。
 3月の渓流に出向くことはほぼなくなり、近年はおおむね4月中旬から下旬に解禁するのが恒例になりました。
 とくに、4月中旬には盛期のようなイワナ釣りが楽しめるこの川は、一気に気持ちをシーズン入りに切り替えてくれますね。

平水。他の川はまだ雪代増水中。

 川に降り立つまでに15分ほどの歩き。
 ひざの痛みもでず、川に到着。ひざよりむしろ、運動不足で息があがることのほうが気になったかな。。
 
気温もあがり、釣れる気配充満。

 釣りはじめると、やはりポツポツと適当に釣れてくれます。
 気温がさらにあがれば、4月でも盛期のようにイワナが飛び出してくるイメージがこの川にはあるので期待が高まります。
 なんとなく釣りあがるなか、特に目立った場所ではないけどヒット!やたらロッドを絞られてるなあ・・と思ったら、なんと34cmの大いわな。
 アベレージは他の川と比べたら少し小さめ、と見ていた川だけど、昨シーズンも同じくらいのイワナを成史さんが釣ってたから、「この川、やたら大物が育ってるのか??」というちょっとした期待。

またも大物が!!

 でもその後は大きくても8寸どまり。
 午後になって気温が期待したほどあがらず、「イメージしたとおり」とはいかなかったけども釣果は上々といったところ。

相変わらず、特徴的な模様。

 でもなにより今回は、ひざが痛むこともなく解禁釣行を終えることができたのが一番の収穫!
 慎重にする必要はあるけど、次は少し安心感があるかも。
 そして、そろそろ自分にも大物が出てほしいなあ。