2014年6月29日日曜日

20140628 秋田県 雄物川水系

 地元の渓を案内してもらう予定だったけど、天候をみて急遽行き先変更。
 イワナ・ヤマメ混生の川だけど、基本的にはヤマメ釣りの流れ。
 今年は春からの増水が長引いて、ヤマメ釣りをする機会が多かったから、最近の好調も相俟ってこの日もいいサカナが釣れてくれそうな予感。

 県境を越えた甲斐あって、少し風が強いけど晴れの中での釣り。
 あまり来たことがない自分にとっては平水かむしろ多めにさえ見える流れだけど、渇水でヤマメ釣りには厳しそう・・とのこと。

いい水量に見えるけど渇水。
遠めの立ち位置からキャスト。 

 見た目とは裏腹、言われたとおりヤマメの反応はいたって渋く、入渓直後から反応なしがズッと続く。。
 だいぶ釣りあがって、ようやく魚影がではじめたかな、というころになって待望の良型ヤマメが大場所から出たけど、ばらし。
 ここからえんえんとヤマメとは縁のない釣りになってしまいました。

 低調な釣りが続くなか、昼近くにたどり着いた堰堤下、落ち込みわきの大きな巻き返しには大ヤマメがいるけども、脇の護岸沿いに目をこらすといい型のサカナが張り付いてるように見える。。
 真上に落としてやったら一発で出た!
 でっぷりしてて尺上を疑わなかったけど、惜しくも尺には及ばず。でもスカッとした!

太くていいイワナが釣れて、スッキリ。 

 午後の休憩後も小嶋さんにはときおりヤマメが釣れてるけど、こちらはイワナばかりでヤマメっぽいのは必ずバラし。
 イワナ釣りが好きだから、ぼちぼち釣れてる分には満足だけど、ヤマメ釣りに来てるんだからちょっとはヤマメも釣れてくれないと。。

岩の上からランディング見物。 

 落差はないけどだいぶ距離歩いてヘタッてきた夕方。
 終点の堰堤も近くなったポイントでようやくヤマメをキャッチして二目釣り達成。
 いやはや、苦労しました。

最後の最後でヤマメをキャッチ。

 陽が長いもんだから、夕方6時近くまで釣って納竿。
 終盤はだいぶ疲れてたから、クルマへの帰路もノロノロと。

 いやあ歩いたなあ。
 へばってしまったけど、膝の具合も心配ないし、これから夏に向けて、どんどん歩く釣りを楽しもう。

2014年6月22日日曜日

20140621 宮城県 名取川水系

 ゆっくり起きて、10時近くにようやく川に到着。
 雪代も明けぬままに梅雨の増水、多少でも水量が減るだろう上流を目指していくと、釣り場に向かおうとする別のクルマに追いついてしまった。。
 上流域でも目当ての入渓点は2・3か所あるから、先行のクルマが何処に入るか見届けて・・と思ってついていくと、自分の目当てのポイントをスルーしていったので、ためらうことなく入渓。

 やはり水量は多いけど、入って早々からポンポン釣れる。
 これはこの夏も、この川には何度もお世話になるだろうなあ。

良型交えて簡単に釣れてくれました。

 けど、300メートル進んだところに先の先行車。もっと上流に行ったんだろうと勝手に思ってたけど、まあ確かにそこから入るのが渓相からみればいいのか・・と妙に納得してしまった。。
水量多いのは覚悟のうえで、いい釣りができたことはないけれども渓相がすごく良くて気になっている中流域に移動。もしかしたら、この時期は良いのでは・・?と。
 でも増水は我慢するとして、全然サカナの反応がないので、さっさと見切りをつけて崖をよじ登って退渓。

沢の先の本流は増水で泡だってる。。 

 まだ昼前なので隣の川に移動。
 このハシゴ、昔は良くやってたなあ。。
 こちらは思ってたよりは水量多くなかった・・。でも反応はいまいちだけど。
 すっかりヤマメ中心の流れになってしまって、渓相とのミスマッチが気になって仕方ない。。巻き返しのイワナが出てほしいポイントからもことごとくヤマメ。

流れも結構変わった気がするなあ。 

 違和感を感じつつ、かつあまり釣れないのに、珍しく時間をかけて釣りあがり。
 そうこうしてると、小さな巻き返しからなんと尺ヤマメ出た!

移動してきて良かった!

 なんとなく違和感を感じてたけど、結果が着いてきたから満足。
 先週も大物づいてたし、ここのところいい流れがきてるなあ。
 ほんとは真夏の渇水の釣りが待ち遠しいけど、まだしばらく続きそうな増水の釣りも頑張っておこう。

2014年6月15日日曜日

20140615 宮城県 白石川水系

 数日降り続いた雨で、どの川も増水。
 日曜に行くと月曜にすごく疲れを残しそうだけど、水捌けが良さそうな川を選びました。
 
 川に降りるとさすがにこの川も増水。
 6月に行くのはたぶん初めて、増水してるところも見たことがないので、どんな釣りになるのか不安だたけども。

パッと見、ふつうだけど、、この川にしては結構な増水。 

良型のヤマメが次々に。

 いつもはあまり釣れない最初の滝までの区間で、良い型のヤマメが次々に。増水でポイントが増えてるか、なかなか先に進めないほど。
 増水後の水量引き加減なところで、ヤマメの活性はすこぶる高くて、こんなにサカナいたんだ・・という感じ。


 大場所にはそれほど溜まってない感じ。

 ヤマメは良かったけど、滝を越えたら以降はイワナのみ。
 イワナはどうだろう・・と思ってたけど、それも杞憂。
 水量のせいでちょっと変わった場所にいることが多かったけど、慣れたらもう釣り放題。しかもこの川のアベレージってこんなに大きかったっけ??と、出るサカナはすべて8寸~9寸。
 数年前は8寸がこの川の最大サイズと言ってたのに、いつの間にか型が揃う川に変貌してました。。

ほとんどが良型!


尺越えを狙った滝も9寸どまりだったけど(^_^)

 健脚のHさん。

最後までいい調子で、ヤマメ・イワナの釣り両方を満喫できたなあ。

今年は雪代が長引いているけど、この川はたぶん一足先に盛期なんだろうなあ。
 いつもは4月末からGWに普通に釣れる、という意味で重宝してたけど、いい時期にくるとこんなにいい釣りができるんだ、、と再発見。
 しかもこんなに型が揃う川に変貌してしまって、びっくり。
 この川をこよなく愛する者として、川がいい方向に向いてくれてうれしい限りです。