2014年9月23日火曜日

20140923 宮城県 白石川水系

 月末は仕事で時間が取れないと思っていたので、この日が2014年の最終釣行。
 めっきり釣り人を見かけなくなった川だと思っていたのに、駐車スペースに到着すると、久々に先行者のカブ。
カブというのが地元を知り尽くした感じを醸し出しています。。

 この日は後追いか・・と少し期待値を下方修正しつつ川におりて遡行を開始すると、本格的に釣りを始める流域に着く前に、上流から下ってきたのはキノコ採りのおじさん。
 今まで気にもしてなかったけど、この川の流域はキノコ採りのメッカ?なのか、昼近くになってずっと上流を釣ってるころにも、崖の上を後方から何か探りながら歩いてくる人に出会い、聞くとキノコ採り。よっぽど良いものがあるんかな。。 

最初の魚止め滝は、ダム遡上の大物が狙えるはずなんだけど、見たことないな。。 

上の写真の2mの段上のプール、滅多にサカナ入ってないけど、この日はいいヤマメいた! 

 釣りはじめて間もなくから気になってたけど、この日はすごく水の透明度が高い!
 水量が少なくてアオコがついてしまう川もあるのに、この川は水量が少ないにも関わらず過去最高に水がキレイな状況で釣りできるとは。
 これだけで、最終釣行は大成功みたいなもんだ。

初秋の弱い陽射しのなか、弱々しくも清冽な流れ。

 スレた反応するサカナも多いけど、出るときはバックリ出たり。
 尺オーバーは出ないけど、8寸~9寸のサカナは何尾かでてくれました。来年もこの川は大丈夫だな。

この川ならではの虫食い模様のイワナ。 

澄んだプールは、ひたすらサカナの姿を探してしまいますね。

来年には尺越えに育ってくれるかな。

 水の透明度には驚いたし、釣果も満足だったし、いうことのない締めくくりができました。
 しかもここにきて、悩みの左ひざの痛みが全くない中で一日釣りができて、「ここからシーズンが始まってくれれば!」と思うほどでした。

 膝のほうは、無理さえしなければ歩いてるほうが調子がいいみたい。
 シーズンオフはできるだけ歩いて、来シーズンまたいい感じで迎えたいもんだ。

2014年9月17日水曜日

20140915 山形県 赤川水系

 東北に帰ってきたのだから、年に一度は詣でなければならないか・・と思ってプチ遠征。
 前回訪れたのはまだ横浜に住んでいたときに遠征してきた2年前。ブログを読み返したら、全く同じ時期にきて、大渇水・うだるような暑さで全然釣れてない。。


 釣果は期待できないかもしれないけど、まあ晴れの日にこの川を釣りあがれるのは爽快そのものだから、楽しめるだろう、と。

 いつもの入渓点から。白い川が見えると気分が盛り上がる!

 川は案の定の渇水。でも釣りにならないほど少なくはないかな?
 川に入って早々に瀬からイワナが飛び出してきた!
 基本的にはサカナさえ反応してくれるなら、渇水のシチュエーションのほうが好きな自分にとっては、いい釣りできそうな予感。。

まあ水はないですね。でもこんなポイントでも浮いてるサカナがいたり。 

広大な河原の中を、ちょろちょろと流れる川を釣る、これがこの川の醍醐味! 

 しばらく釣ってると、この日のサカナが出る場所は「ある程度水深があって、隠れ場所になる岩があるところ」に限られていることがはっきりしました。
 ところどころに点在するそんなポイントでは、ほぼ反応はあるし、浮いていてサイトで狙えることも多々。これは楽しい!

サイズはなかなか出ないけど、楽しい!

 午後の部も好調継続。
 下の写真のプール、流れもほとんどないし、さすがに流れ込みまではパス・・となりそうなポイントだけど、大岩の脇でライズしてるなあ・・と思ったら、その数尾がいい感じのライズを繰り返すようになり、まさにライズの雨!
 真夏にこんな場面に出くわすとは思わなかったけど、これは燃える!
 でも釣れない・・。
 よく観察してると、サカナは流れに定位するのではなく、大岩の下から出てきてはほぼ毎回岩の下に逃げ帰る・・を繰り返してる模様。
 ライズはたまに収まるけどまたしばらくすると始まる、の繰り返し。でも釣れない。まだ先もあるけど進めなくなってしまうので、あきらめ。

 いやしかし、ライズがなければ「サカナ居ない」と言ってパスしてしまいそうなポイント、昼間は岩の下に多くのサカナが居るんですね。。今度はゆっくりイブニングまでやってみたいもんだなあ。

 ほとんど流れがないプールだけど、ライズの雨!になったプール。

 雪代などで、毎年岩の配置がダイナミックに変わる川だけど、普遍的なプールも数か所。
 そんな中、以前に尺イワナが出たプールを譲ってもらい慎重にアプローチ。
 当時はプールのど真ん中に落としたフライに食いついてきたけど、今回はど真ん中にはサカナはおらず。でも変わりに岸よりの浅い場所でウラウラしてるイワナ発見。
 鼻先にフライ落としたら、ジーッと見てた末にバクッと食った!

思いでのプール。尺は出なかったけど。

尺には程遠いけど、いい釣り方できた。

 今回は楽しめたなあ。 
 しかしいい釣りになるか、まったく反応もなくなるか、渇水加減の微妙なボーダーラインがあるんだな・・ということが良くわかった釣行でした。
 この川には大物も期待してしまうけど、今回はでず。
 また来年も行かなければな~。

2014年9月7日日曜日

20140906 宮城県 白石川水系

 この川に行くなら快晴のときに!ということで延期してきてた秘蔵の釣行。
 8月はずっと天気が悪くて、結局9月に入ってしまいました。
 本当なら真夏の暑さの中で、清冽な流れを楽しむのがいいんだけど、今回は予報ほどには気温もあがらず、まあ快適ではあったのだけど、釣行前の覚悟が若干空回り。

 でも歩く距離は半端じゃない・・。
 クルマをとめてから入渓点まで1時間ほど、ひたすら歩き続ける・・とまさかの関東ナンバーの先行者!
 上か下かとさんざん迷ったけど、下流に少しくだって川に入った直後に、その先行者と思しき人を発見。いそいそと一旦退渓して目当ての上流域に移動。まあこれはラッキーだったな。

下流側も水は少ないけど、いわな釣りにはいい感じ。 

 フライの先行者の後なのに、竿抜けポイントで二人とも1尾ずつキャッチ!

 目当ての上流。
 いやな記憶は消し去ってしまうのか、ただ単に物覚えが悪いのか、昨年きたときは最上流の沢に入るまでは1尾も釣れてない・・ということを釣行前に聞いていたけど、それでも「そんなだったかなあ」という程度にしか思い出せない。。
 でも確かに林道ががけ崩れで閉鎖されて以降は放流もされていないだろうから、サカナもいなくなるよなあ。
 そんなわけで、川に入る前から「この川に年一回詣でるのは義務のようなもの、今日は釣れなくてもともと・・」と若干言い訳に入っていたのだけど、そんな心配をよそにサカナの反応は非常に好調。
 渇水のせいか非常に疑い深い出方だけど、それはそれで面白い釣りでした。

 もう少し流れててくれないと。

 上流域、直径10mほどの大きな釜のポイントも、釜に流れ落ちる滝の水量がないから威圧感無し。
 さらに上にいくのに釜の脇を軽くヘツっていくのだけど、いつも以上に何も考えずに取りついていたら、足を滑らせて釜にドボンッ!
 水が少ないのが幸いして、足が着いたので良かったけど、胸までびっしょり浸かってしまいました。。
 水際の遊びは一歩間違えば危険。緊張感が無いのはだめですね。

 ゴルジュ帯手前の小滝前、普段は大場所だけど水がなさすぎ。

 サカナの反応はずっと好調。
 昨年の不調はなにか特別な原因があったのかも・・と思いつつ、いい釣りできること確認できて一安心。
 でも本来この川にくる目的は、サカナもさることながら清潔感溢れる渓相を期待して、なんだけど、この日の渇水具合は過去初めて経験するほど。白っぽく映るはずの川底は茶色だし、場所によってはアオコがついてしまったり。その面では残念。
 原因はほどなく解りました。県境での取水堰で、ほぼすべての水を取水してしまうように石が積まれてしまっていたのです。。このあたり水利関係は解らないけど、以前はそんなことしてなかったんだから、川を枯らすほど流れを変えなくてもいいんじゃないかなあ・・と、釣り人としての要望にすぎないけど。

白いイワナしか釣れない印象だったけど、川底の色に順応しちゃうんだろうな。。

最上流、流れはどんどん細くなって、静けさの中での釣り。
独特の風情がありますね。

 まあなんだかんだいって、釣り自体はすごく楽しめるものでした。
 いい釣りできることもわかったから、来年もまた視察にこなければ。
 今年は夏場の一番いい時期に行けなかったのが悔やまれるので、来年は6月末~7月くらいの一番良さそうな時期を狙って来よう。
 今から楽しみだな。

2014年9月5日金曜日

20140830 宮城県 名取川水系

 8月最後の釣り。
 いやあ今年の8月は、渓流に通い始めてから一番天気に恵まれないシーズンだったなあ。
 真夏の源流の釣りが大好きだけど、今年はまだそれが出来ないまま8月終盤。うーん。

 この日は夕方までは天気がもつ予報だったけど、釣りはじめてさほど釣果もあがらないうちに本降りの雨。うーん。。

水量は少し多め、、とはいっても、サカナ出ないほどの感じは全くなかったけど。

 いやしかし、8月だっていうのにこんなに釣れないか!っていうくらい反応なし。
 二人して初っ端に釣った1尾のあとは反応さえない状態が延々と。いやあ、どうしちゃったもんだか。


 時折晴れ間もでるけど、釣れないことには変わりない。

 たいした釣果もないまま終点。
 しかもまだ12時前。
 沢筋にでも入るか・・ということで、遡行再開。

 反応出始めた!
 でも小さい~~・・。
 アベレージ15cmではなあ。。大場所は抜かれてしまってるようで、これまたパッとしない。。

 でも小嶋さんは竿抜けになりそうな隠れたポイントで良型ゲット!

沢筋も、まあ小物ばかりでした。。

 これだけ反応がないのは、低気温と増水で反応が薄かった・・・と思いたいけど、サカナが薄くなってしまってるとしたら心配だなあ。。

 なんかこのところ、どこの川もいま一つな感じが否めないけど、釣果だけが釣りじゃないし、がんばっぺ。