2015年3月22日日曜日

スリングバッグ


 なぜかすっきり収まらず、毎年頭を悩ませている「フライベスト」の類。
 とはいってもトラディショナルなベストはあまり好みでなく、比較的前衛的なデザインのベストやタックルパックなどを選んでしまいます。
 昨年はヒップバッグを使っていたのだけど、やはり腰の負担が気になるのと、バッグを前に回して中のモノをとるのがすごく面倒で、、この冬も悩んでいたわけです。

 で、今までは「いくらなんでも・・」と思っていたスリングバッグ、店頭にあったSIMMSのものを試着してみたらこれが意外なほどしっくりくる!しかも軽快、腰にも負担がかからない。
 でもいちいち前に回すのはやはり大変・・と思っていたら、パタゴニアのスリングバッグはフロントにベスト風のポケットがついているじゃないですか。昨年も店頭とかで見かけていた気はするけど、興味がないときは気にもとめないもんですね。

 試着したうえですっかり気に入って購入。

パタゴニアのスリングバッグ。 

 そもそも道具は最低限・・を意識しているので、収容量に関してはもとから心配してなかったけど、自分にはちょうどいい感じ。
 フロントにベストが片側分ついてるような感じなので、よく使うフライボックスやフロータント類などにすぐアクセスできるのがいいです。
 フライボックス用ポケットにはドライフライ用にC&FのMサイズ(Lでも入るけど)をひとつ。自分には普段使いにはこれで十分だけど、追加でC&Fの薄型のケースを入れて、たまに使うニンフもフロントでアクセスできるようにしました。

たまにしか使わないフライもフロントでアクセスできるのは、ちょっと便利。 

 一番の懸案だったランディングネットも、いい位置にゴム紐を通せる場所があって、バタつき防止&常に同じ位置(左後ろ)にネットの柄がくるようにきれいに収めることができました。

 今年はこれでいきます!
 スリングバッグスタイルは長続きする?といいなあ、、と思っている次第。

ネットはゴム紐で軽く固定。取り外すのにも邪魔にならないです。