2015年4月25日土曜日

良くなってきた!

 例年ならまだ冬眠中の3月から通いはじめ、今回がすでに4回目の訪問となる近場の川。
 まだ林道の雪が深かった頃から、徐々に山が芽吹き赤茶けていき、今は新緑の初期。いやあ、自然の山の中で季節の移り変わりを実感できるのは、贅沢な体験ですね。

水量も落ち着いて、ホッとするような景色になりました。

 川におりてすぐのプール、まだ8時半だというのにライズしまくり!
 でも一尾バラしておしまい。
 朝から上流まで上り詰めるつもりだったけど、これはライズにつかまって歩がすすまないパターンかも・・?
 そう思ったのも序盤だけ、その後はさっぱり。

 淡々と釣りあがって滝。
 滝下のプールでは岩盤際の筋で待望のライズ発見!
 釣れたサカナ以外にもライズがあるし、反対側の巻きでは定位してるイワナも発見したけど、敢え無く失敗。
 でもいったん静まっていた期待度が、これでまた最高潮になりました。

滝下の筋のライズ、最初の一尾だけキャッチ。 

水が多いと迂回する滝も、この日の水量なら怖くないので直登。 

 陽が昇ってきて気温もあがり、ムシはワサワサで場所によってはサカナも上ずり気味。
 でも完全に水面を向いてるわけでもなくてなかなか難しい。。

 昼近く、さらに上流を目指そうと魚止の滝を巻いて一旦林道にあがると、ここで先行者のくるま。。
 やむを得ず、下流の入渓点から入りなおして釣りあがることに。

 ナメの渓相が続き、サカナが浮いてないとなかなか難しい。。
 朝は8度ほどだった水温も10度まであがってるけど、まだ活性があがりきってはいないんですね。

 時間もゆとりがあるので、のんびり釣りあがっての大場所。
 岩盤際で久々にいい感じのライズ。

いい感じのプール。

 ドボンッと出てびっくりさせられた上に、その後も深みにグイグイと引き込んで、楽しませてくれました。

 いいプロポーションのヤマメが釣れました。

 あまりいい釣りできた印象がなくて春先はいまいちやる気が湧いてこなかった・・というのが今までだったけど、今年はだいぶ様相が違うような。
 盛期の釣りまでのウォーミングアップも十分楽しめてるなあ。