2015年4月29日水曜日

春しか行かない沢

 雪代時期しか行かない沢に、久々に行ってきました。

 意外に早く到着したので、沢に入る手前の本流からやってみるか、、と思ってみたけど水量の多さに退散。沢の入り口に直行しました。

これが入渓点。フライでここに入る気はなかなか起きないですよね。

 できれば本流で釣りがしたいけど、5月中旬~下旬まで、雪代の増水で釣りが難しいのです。
 この沢は釣り場の限られるこの時期に、どこか釣りできないか・・・と探してて、たまたまいい釣りができたことが記憶に鮮明なんですね。

 夏場にはたぶん水が無くなってしまうんだろうけど、この時期に限っては「丁度いい」感じの水量。そうはいっても、竿を触れない場所も多くて、時折現れる小さなプールを狙う、という感じの釣りになります。

 前半、期待は外れてほぼ反応なし。
 なんだか疲れてるけど、好天に誘われて釣りに出たのが失敗だったか・・・と思われたけど、後半は一転。

新緑の風景は心が洗われますね。

 このまま今日はいまいちな釣りになってしまうかな・・と思って漫然と歩いていたら、大転倒。
 ウェットウェーディングではあったけど、上半身もビッショリ濡れて、戦意喪失。。

 でも目の前にはいいプール、そしてヒット!
 そこから堰をきったようにサカナが反応するようになって、ずぶ濡れなのも気にせずに釣りあがりに没頭できました。

まず、いい釣り出来てるなあ。

 昼近くになって、急に活性があがってきました。
 あるいは、前半の区間は先行者がいたかな。

 釣れ始めてからはポイントごとに、肩・瀬・落ち込みと、都度狙っていかざるを得ない。
 でも、なんか出方はしぶくて、かかっても浅い。かかりが浅いから、合わせそこなって後方の木にフライをかける。なんで合わせを弱めに・・とやってるとバラす。この、小沢ならではの悪循環も、なかなか新鮮ですね。


 記憶の中のこの沢は、アベレージも大きくて、春先にも関わらず尺いわな・・・なんだけど、この日は大きくても8寸どまり。
 でも新緑の川を魚止まで釣りあがって、満足感は結構なモノ。

 この沢、夏場に来たことはないけれど、どんなもんなのか少し気になってきたな。。
 あるいは、魚止の滝より上流だって巻けば行けなくはないのだから、一度行けるだけいってみても面白いかも?