2015年5月23日土曜日

リハビリのつもりが・・

 リハビリのつもりで、自分にとっては最も気軽に渓流気分を味わえる川に行ってきました。
 前回の釣行で膝を痛めて、昨年につづいての整形外科通い。でもこの歳になれば多少の不自由は出てくるもの?だましだましでも川には行かねば。

 心配した先行者はどの入渓点にもなし。
 それなりに楽しめる川なんだけど、ほんと人気ないよなあ。
 一番釣り慣れているポイントから入渓、虫がワサワサ飛んでいて、春先からのしぶーい釣りとは雰囲気が一変してますね。

 一方で水量は激減してしまって、サカナの反応はすこぶるシビア。
 ある程度水量があるよさげなポイントだけ狙ってのんびり釣り上がり。膝の調子はいたって順調!

 水量が落ち着いて、滝も爽やか。

スレッカラシな反応を示すサカナばっかり。 

 意外に歩けるので気分もあがってきます。
 今年はあまりサカナ居ないかなあ・・と思っていたところだけど、シーズンがよくなって川全体にほどよくサカナが散ってくれた感じですね。今年もまだまだ楽しめそうです。

 でもとにかくスレた反応をするサカナばかりなので、こちらも粘らず釣り上がり。
 ところどころ大場所では大物もいたけど、この日はちょっと分が悪かったかな。次回以降の楽しみになりますね。

 予想以上に歩けたうえに、適当にポイント選んで釣りしてたので、いつも釣り終えるポイントに早めに到着。
 せっかくだからと、気になっていたこの川の未踏領域に足を伸ばすことにしました。

 これがまたなかなかいい。
 放流もされてないんだろうなあ、、という感じで魚影は薄くなるけどサイズ感は一回り大きくなる感じ。
 分かり易い大場所にはまずまずのサカナが待ち構えてくれていて。。

 でも今回はいいサイズのサカナがかかると、きまってランディング間際でドボン、というパターンにはまってしまいました。
 やっぱり微妙にスレた出方で、掛かりが浅いんだよなあ・・と下の写真でも思うのです。なにせ”皮一枚”みたいな。

上流、イワナの模様が変わったな。ニッコウ系? 

上流部も川幅は保たれてるので釣りやすい。

 上流部は林道がどこまで並走してるのかわからないので、まだまだ釣り上がりたい気持ちを抑えて16時半に納竿。少し川通しで戻ると、ここにきて膝に痛みが。。
 やはり下りがきついんだな。

 帰宅してみたら、やはり膝が腫れていて、翌日となる今日はひどい痛みに悩まされています。とりあえず病院行かねば。。
 ハイシーズンを膝の痛みとどのように付き合っていけるか、今シーズンの課題だなあ。

 次回は歩いて上流の入渓点に直行して、行けるところまで行ってみたいなあ。