2015年10月13日火曜日

MVP

 RWC2015、日本代表はアメリカにも勝って3勝1敗で大会を去りました。
 今の代表メンバーが見れるのはこれが最後になるのが惜しいような寂しいような気持ちですが、2019年のRWC日本開催に向けて、さらに強くなっていくことを願って応援したいと思います。

 自分のなかでの日本代表MVPは、断然!立川理道選手です。
 パワフルな海外チームのセンター陣を相手に、自らも相当なダメージを受けながらハードタックルを見舞い、相手のライン攻撃を完封してくれました。

 今大会では、より際立って良かったのが、アタック。
 失敗を恐れずに繰り返しぶち当たっては確実にゲインしていく姿は、遂に信念を持つに至ったかのような、なにかひとつ上でプレーしているような感じを受けました。

 女性受けは五郎丸だろうけど、ハルも愛嬌のあるいい笑顔してますよ。
 今後の日本代表でも中軸を担ってほしいと思える、素晴らしい活躍でした!