2015年3月29日日曜日

春の川でハードワーク

先週、仕事の合間に行ってボウズをくらった川に、また行ってきました。
 前回は雪が多くて撤退を余儀なくされたのだけど、この1週間は気温もあがったので、だいぶ雪も融けているはず。

 日中の最高気温の予想は18度。
 5月くらいの陽気で、水量もすごく減っていたので、陽が昇るにつれてライズの期待も。。

午前中、川に陽が射す前は、さすがに寒々しいけど 

 なぜか前回と同じく、入渓して間もなくで反応があった後は沈黙。
 でも陽が射すようになって雰囲気もよくなってくると、ゆるい流れを割ってグニャリといい出方したけどのらず。。
 でも間もなく、また現れた似たような瀬でフォルスキャストしてる最中にライズ、すかさずキャストして今年初ヤマメをキャッチ!

久々のご対面~。 

 滝を巻くため、一度林道にあがると林道にはまだ結構な雪。
 上流も気になるところではあるけど、帰り道がきつくなりそうなので、入渓点にもどってさらに下流から再度釣りあがることにしました。

 川におりた場所はちょっと開けた場所になっていて、ちょうどいいので昼飯。
 陽気の中、いかにも春のヤマメ釣りに良さそうな雰囲気の流れで、午後への期待が高まります。

まだ芽吹いていない木々の中、クリアな水が流れていきます。 
春らしいなあ。

 ただ・・、期待とはうらはらに午後は厳しい釣りでした。
 沢からの流れが集まり、上流に比べると「水多いなあ~」という感じ。
 丁寧にやってもなかなか反応なくて疲れる釣りだったけど、粘りに粘って小さいヤマメを2尾追加して、終了。
 こんなときは、水がクリアすぎるのも釣れない理由に見えてしまいます。

前回から使い始めたスリングバッグ。具合いいです。

 朝8時くらいから午後3時半ころまで、まる一日歩き続けてさすがに疲れたなあ。
 毎年体がなまりきっている春は、一度はハードワークしないと体が慣れていかないから、今回でだいぶ体が動くようになるかな。

 あまり釣れてないけど、この時期にそれなりの期待感を持ちながら川を歩けるっていうのはやはり気持ちいいですね。
 春先でも山岳渓流的な雰囲気が楽しめるこの川には、この後も何度もお世話になるでしょう。

場所によってはまだこの雪。もうちょっとですね。。

2015年3月22日日曜日

スリングバッグ


 なぜかすっきり収まらず、毎年頭を悩ませている「フライベスト」の類。
 とはいってもトラディショナルなベストはあまり好みでなく、比較的前衛的なデザインのベストやタックルパックなどを選んでしまいます。
 昨年はヒップバッグを使っていたのだけど、やはり腰の負担が気になるのと、バッグを前に回して中のモノをとるのがすごく面倒で、、この冬も悩んでいたわけです。

 で、今までは「いくらなんでも・・」と思っていたスリングバッグ、店頭にあったSIMMSのものを試着してみたらこれが意外なほどしっくりくる!しかも軽快、腰にも負担がかからない。
 でもいちいち前に回すのはやはり大変・・と思っていたら、パタゴニアのスリングバッグはフロントにベスト風のポケットがついているじゃないですか。昨年も店頭とかで見かけていた気はするけど、興味がないときは気にもとめないもんですね。

 試着したうえですっかり気に入って購入。

パタゴニアのスリングバッグ。 

 そもそも道具は最低限・・を意識しているので、収容量に関してはもとから心配してなかったけど、自分にはちょうどいい感じ。
 フロントにベストが片側分ついてるような感じなので、よく使うフライボックスやフロータント類などにすぐアクセスできるのがいいです。
 フライボックス用ポケットにはドライフライ用にC&FのMサイズ(Lでも入るけど)をひとつ。自分には普段使いにはこれで十分だけど、追加でC&Fの薄型のケースを入れて、たまに使うニンフもフロントでアクセスできるようにしました。

たまにしか使わないフライもフロントでアクセスできるのは、ちょっと便利。 

 一番の懸案だったランディングネットも、いい位置にゴム紐を通せる場所があって、バタつき防止&常に同じ位置(左後ろ)にネットの柄がくるようにきれいに収めることができました。

 今年はこれでいきます!
 スリングバッグスタイルは長続きする?といいなあ、、と思っている次第。

ネットはゴム紐で軽く固定。取り外すのにも邪魔にならないです。

20150322 仕事の合間に

 今日は休日出勤。
 でも予定は朝と夕方で10時から4時くらいまでは空き時間。
 それならば・・と片道1時間ほどで到着できる地元近くの川に行ってみることにしました。

 ここのところ暖かかったし、この日も最高気温は15度ほどになる予報。
 河原や林道の雪融けはすすんだだろうけど、そうなると今度は雪代が心配。

 先行者のクルマをさけて、少し上流の入渓点に。そこは河原が広く、夏場は水もなくなって釣りにならないような場所。
 でも増水気味の雰囲気は「すごくよさげ」。

入渓点周辺は広い河原。 いい感じの流れに見えるなあ。

 川におりて早々、ゆるい流れにフライを流して反応あり!
 意外といける?
 しばらくしてまたバシャッと出た!けど手元のラインを弛ませまくってたせいであわせに失敗。
 良かったのはここまで。 

ここもちょっと水量増えてるけど、いい感じに見えなくもない。 

 時間も限られてるので、適当に釣りあがって辞めるつもりだったけど、一尾も釣れないうちに川をあがるのもどうかな・・と。
 堰堤を越えて、滝を越えて・・とやってるうちに、崖の上の巻き道に深い雪が積もっていて、ちょっと危険そうな場所に行きあたってしまった・・ので、ボウズだけど結局釣りは終了。

 夏場だと「何処からでも林道に上がれる」感覚の川なのに、増水に雪で感覚ちがいますね。。
 林道にあがれる場所もなかなか見つからず、入渓点近くまで増水した川を川通しで戻るはめになりました。

 林道にあがってから、入渓点まではせいぜい100mか200m程度だけど、林道はほとんど30cmほどの積雪。ズボズボと歩いて、まあいい運動になったか。

この気温が続けば、来週くらいにはだいぶ雪も減ってるだろうなあ。

 今年は雪が少なかったのもあってか、季節が早いような。。
 4月に入ったら、行ける川も増えてきそうな気がするなあ。

20150307 雪山で解禁釣行

 3月に解禁するなんて10年ぶりくらいかな。
 5年ぶりに宮城にもどってきた昨年の解禁も4月末になってから。自分でもわからないけど、いつもより張り切ってる、てことですね。

 3月解禁も驚きだけど、初っぱなから雪山の中の小渓流に突入してるのがもっと驚き。(^_^)

河原や岩や土手、すべてどっかりと雪が積もってます。。  

  すごい寒いのを想像してたけど、この日は幸い風がほとんどなくて、あまり寒さを感じませんでした。
 春先の釣りを敬遠がちなのは、必ずといっていいほど強風の中での釣りになることもあったりして。そういう意味ではすごくラッキーな日でした。

 風はないけど気温自体は低いので、雪代もほどほど。

 天候の条件は整ってたけど、冬の間の倒木がすごいのなんの。いろんなところに引っかけまくり。

岩陰ならぬ、雪陰から。

 サカナのほうは、、ボウズ覚悟だったけど、終盤になんとか初イワナをキャッチ!
 結果もついてきて、幸先のいい解禁となりました。

おかげさまで初釣行・初フィッシュ!