2015年5月23日土曜日

リハビリのつもりが・・

 リハビリのつもりで、自分にとっては最も気軽に渓流気分を味わえる川に行ってきました。
 前回の釣行で膝を痛めて、昨年につづいての整形外科通い。でもこの歳になれば多少の不自由は出てくるもの?だましだましでも川には行かねば。

 心配した先行者はどの入渓点にもなし。
 それなりに楽しめる川なんだけど、ほんと人気ないよなあ。
 一番釣り慣れているポイントから入渓、虫がワサワサ飛んでいて、春先からのしぶーい釣りとは雰囲気が一変してますね。

 一方で水量は激減してしまって、サカナの反応はすこぶるシビア。
 ある程度水量があるよさげなポイントだけ狙ってのんびり釣り上がり。膝の調子はいたって順調!

 水量が落ち着いて、滝も爽やか。

スレッカラシな反応を示すサカナばっかり。 

 意外に歩けるので気分もあがってきます。
 今年はあまりサカナ居ないかなあ・・と思っていたところだけど、シーズンがよくなって川全体にほどよくサカナが散ってくれた感じですね。今年もまだまだ楽しめそうです。

 でもとにかくスレた反応をするサカナばかりなので、こちらも粘らず釣り上がり。
 ところどころ大場所では大物もいたけど、この日はちょっと分が悪かったかな。次回以降の楽しみになりますね。

 予想以上に歩けたうえに、適当にポイント選んで釣りしてたので、いつも釣り終えるポイントに早めに到着。
 せっかくだからと、気になっていたこの川の未踏領域に足を伸ばすことにしました。

 これがまたなかなかいい。
 放流もされてないんだろうなあ、、という感じで魚影は薄くなるけどサイズ感は一回り大きくなる感じ。
 分かり易い大場所にはまずまずのサカナが待ち構えてくれていて。。

 でも今回はいいサイズのサカナがかかると、きまってランディング間際でドボン、というパターンにはまってしまいました。
 やっぱり微妙にスレた出方で、掛かりが浅いんだよなあ・・と下の写真でも思うのです。なにせ”皮一枚”みたいな。

上流、イワナの模様が変わったな。ニッコウ系? 

上流部も川幅は保たれてるので釣りやすい。

 上流部は林道がどこまで並走してるのかわからないので、まだまだ釣り上がりたい気持ちを抑えて16時半に納竿。少し川通しで戻ると、ここにきて膝に痛みが。。
 やはり下りがきついんだな。

 帰宅してみたら、やはり膝が腫れていて、翌日となる今日はひどい痛みに悩まされています。とりあえず病院行かねば。。
 ハイシーズンを膝の痛みとどのように付き合っていけるか、今シーズンの課題だなあ。

 次回は歩いて上流の入渓点に直行して、行けるところまで行ってみたいなあ。

2015年5月20日水曜日

セキレイが巣を作った~

 見かけによらず小鳥好きだったりします。
 我が家の庭にはツグミやセキレイがよく来るので、朝はぼんやり眺めてるて遅刻しそうになるのですが。。

 それにしても良く来るなあ・・と思っていたところ、先日ハウスメーカーの点検で給湯器の蓋を開けたら、なんとホースの隙間に鳥の巣!
 いや確かに給湯器の近くで木に水やりしてると、やたらとセキレイが近づいてきてました。
 「人懐っこい鳥だなあ」なんて思ってたのですが・・、なんのことはない威嚇されてたんですね。

 そのときは卵も見えなかったのですが、今日改めて蓋を開けて確認したら、すでに雛が孵ってた!^_^

 ちゃんと親鳥は来てるのか・・としばらく様子を見てると、虫のようなものを咥えて裏手の隙間から入っていったので、とりあえず安心。
 どうせならもう少し観察しやすいところに巣を作ってくれたらよかったんだけど。。

 巣立つまで、暖かく見守るとするか。

 給湯器(左側)の中に・・

巣! わかりづらいけど、3羽か4羽ほどいるようでした。

2015年5月2日土曜日

新緑の季節!

 今シーズンは3月から釣りに出歩いてたので、風景の変化を眺めながら新緑の季節を心待ちにしてきました。
 そして気がつけば川の景色は鮮やかな黄緑!

 雪代ともほぼ無縁で、いい季節は渇水の釣りの印象が強いこの川だけど、まだ水がある方。
 前半のヤマメ区間はボチボチと・・・という感じ、滝上のイワナ区間に入ったら変わるかな・・と思ってたけど、いつもなら釣れ始める頃になっても釣れず。若干焦り。。

 川に降りてからなんか右膝の痛みが気になる。。
 なんか捻ったような痛みがあるけど心当たりなし。しかも歩いていると忘れてしまう程度の痛み。
 まあサカナが釣れはじめれば忘れてしまう程度かな・・ということで気にしないことにしました。

新緑が気持ちいいです。 

釜の連続するポイント。このあたりからは魚影が濃くなるはずなんだけど。 

 気温もあがって、水温も早々から10度超え。
 条件はいいのにいつもよりも釣れない時間が長くてさすがに少し不安になったけど、いつからかサカナも浮き加減になって気持ちよく釣れ始めました。
 
 釣り場に入りづらく比較的敬遠されがちなこの川にも、通いはじめてかなり経つけど、まさにこの川だけは裏切らない!という感じです。
 ずっとこの先もこのコンディションで川が維持されていけばいいなあ。

いいサイズのイワナが普通に釣れ始めました。 

 新緑のトンネル的な流れですね。爽やか。 

滝下ではでっぷりとしたイワナも釣れました。

毎回大物が観察できるゴルジュ帯。釣るのは難しいです。

 夕方までかけて結果的にはいつもどおりたくさんのイワナを釣ることができました。
 帰り際、締めに大物が入る釜がある沢に立ち寄った際に、幻の大魚を釣るチャンスに出くわしたけど、大ウグイと思い込んで適当に遊んでたせいでキャッチに至らず。
 まあごく稀にだけどこの大物チャンスがあるのもこの川の特徴のひとつだったりするんですよね。

 しかし、家に帰って膝をみるとどうみても腫れてる。。
 昨年は左膝の水抜いて、最近はだいぶよくなってきてたんだけど、今度は右か。。
 痛みが引くまでは無理をせず、6月のハイシーズンに備えるとするか。。