2015年10月13日火曜日

MVP

 RWC2015、日本代表はアメリカにも勝って3勝1敗で大会を去りました。
 今の代表メンバーが見れるのはこれが最後になるのが惜しいような寂しいような気持ちですが、2019年のRWC日本開催に向けて、さらに強くなっていくことを願って応援したいと思います。

 自分のなかでの日本代表MVPは、断然!立川理道選手です。
 パワフルな海外チームのセンター陣を相手に、自らも相当なダメージを受けながらハードタックルを見舞い、相手のライン攻撃を完封してくれました。

 今大会では、より際立って良かったのが、アタック。
 失敗を恐れずに繰り返しぶち当たっては確実にゲインしていく姿は、遂に信念を持つに至ったかのような、なにかひとつ上でプレーしているような感じを受けました。

 女性受けは五郎丸だろうけど、ハルも愛嬌のあるいい笑顔してますよ。
 今後の日本代表でも中軸を担ってほしいと思える、素晴らしい活躍でした!

2015年10月7日水曜日

いよいよ、予選プール最終戦

 いよいよ各国予選プール最終節が近づいてきました。
 日本の最終戦の相手アメリカは、南アフリカとの試合には主力温存で臨むらしいです。つまり南アフリカ戦は諦めて、相手になりそうな日本からなんとか1勝をもぎ取りたいと。

 このアメリカの作戦、どのチームも状況によっては思いがよぎるところだとは思いますよ。
 ただ、全力で格上のチームと戦い続けて、2勝をあげた日本が旋風をおこして、現地でも讃えられているのに対して、このアメリカの作戦は世界のファンにどのように映るんでしょうねえ。
(おおかた、ヘッドコーチ含めた関係者の保身のためなんでしょうけど・・。今後のためにも、未勝利で帰りたくないっていう)
 自分には「姑息」に思われ、ラグビーの潔さが感じられないな、と思う次第です。


 まあ相手がどんなこと考えてるかは置いておいて、日本としては全力のアメリカと対戦して、勝つのが本望。
 主力だろうが控えだろうが、相手に関係なく、いかに自分のラグビーをやりきるかだけだと思います。

 南アやサモアと戦ったときの集中力で臨めば、十分勝てる!
 とにかく最後までいい試合をしてきてほしいです。

2015年10月6日火曜日

ラグビー日本代表、サモアに勝った!

 日本代表、サモアに勝ちました!
 スコットランド戦からは一転して、初戦で南アフリカ相手に見せたような、固いディフェンスとミスの少ないラグビーで、盤石の戦い。
 サモアに全くいいところを出させなかったので、あと一歩で完封できるくらいでしたね。

 あのゲームなら、後半ギアをあげれば4トライのボーナスポイントも十分狙えたはずだけど、そこは勝ち点にこだわらずに勝利だけを目指していたのも、個人的には悪くないと思います。

 そもそも微妙なボーナスポイント制ですからね。。これは大会後、議論になるんじゃないかなあ。。
 ラグビーってのは点の取り合いになることもあれば、小得点での決着になることもあるわけで、そのどちらも見ごたえはあるのです。勝利しても4ポイントしか得られないのに対して、負けても7失点以内の僅差負けであれば1ポイント、どんなに失点していても4トライ以上とっての敗戦なら1ポイント、、ってバランスも悪いし、ラグビーには似合わないルールですよ。

 さておき、日本は2勝1敗で最終戦を残して南アフリカとスコットランドという、ラグビーエリート国と並んでいるわけですが、微妙なボーナスポイント制もあって、各組上位2チームの決勝トーナメント進出は、厳しい状況だったりします。
 でも、自分としてはとにかく予選プール最終戦となるアメリカに勝つことだけを目指してもらえれば、決勝トーナメントに行けなくても構わないと思ってます。

 アメリカはランキング上は格下だけど、決して油断の出来ない相手。
 日本代表には南アフリカ・サモアと対戦したときのような集中力で、今大会最高のゲームを展開してもらいたいものです!